2018 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2018 08

カテゴリ:アドレスV100 【CE11A】 の記事リスト(エントリー順)

V100快適化計画

 【09//2014】

前回記事でアドレス∨100の小改良ネタを書いたんですが続編です。

 ~4/2~
ウェイトローラーセッティングその2
140402013001.jpg
毎度のことですが、ヒサオカさんの手際の良さに脱帽。

140402014002.jpg
中速域・再加速の活性化に効果絶大なアドレス110初期型用ランププレートを流用しています。

140402015003.jpg
今回の変更点はウェイトローラーの重量のみ。
ローラーは上から12.5、6.8、8.6グラム。

ちなみに∨100のメーカー仕様は12.5グラム×6個=75グラム
前回は12.5グラム×3個(37.5) + 8.6グラム×3個(25.8)=63.3グラム。
これを今回は更に軽く、12.5グラム×3個(37.5) + 6.8グラム×3個(20.4)=57.9グラムに。

いつものコースで試走しますが、思った以上に吹けますが
かといってそれが絶大な加速感を生み出すわけでもなく
どちらかといえばパワーバンドを外してるっぽいフィーリング。
トップスピードは追い風参考でマイナス2キロほどか?
これじゃぁ燃料がもったいないだけかも?

 ~4/9~
1週間経って、再度のローラーセッティング。
今度は逆に重くしてみます。
140409001004.jpg
銀のローラーは12.5グラム、金のローラーは14グラム。

12.5グラム×3個(37.5) + 6.8グラム×3個(20.4)=57.9グラムから
14グラム×3個(42) + 8.6グラム×3個(25.8)=67.8グラムに。

またまたいつものコースで試走。
今度は出だしから紳士的でとても優等生な感じの走り。
かと言ってドン臭いなんてことはありません。
必要な加速はしっかりしてくれます。が、楽しくありません。
最高速もなぜか前回と変わらず。

ここまで3通りのウェイトローラーのセッティングを試しましたが
最初のセットが加速も最高速も一番良い感じです。

 ~ ここまでのセットの早見表 ~
              加速  最高速  フィーリング
純正12.5(75.0)    ×    △     × 
14.0×8.6(67.8)    △    △     ◯
12.5×8.6(63.3)    ◯    ◯     ◎
12.5×6.8(57.9)    ◯    △     △

これを踏まえて、次回は14と6.8の組み合わせ(62.4グラム)を試す予定。
一番フィーリングの良かったパターンと合計で0.9グラムの差ですから
もしかしたら違いがわからないかも・・・。

参考資料:純正ローラー重量表

バナーをクリックするとクリックした方に3000円分の商品券が当たるチャンスが!
チャンスは毎日1回限り、日課としてクリックを!!

 ↓


広島ブログ
↑この記事のランキングに反映されます

Category: アドレスV100 【CE11A】

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

まだまだ現役・アドレス∨100

 【15//2014】

2012年秋にくぢらちゃんに譲っていただいたアドレス∨100。
自身3台目の同じ型式の∨100ですが、それぞれ世代が違うので乗り味も違い
代を重ねるごとに遅くなってるという、まぁ世間の評判通りではありますが
実感すれば当然少しでも気持ちよく走れるようにしたいと思うのが当然。

そんなわけで思い当たる部分はあるけれど、中古車両ということで
過去代々のオーナーが何かやってるかもしれないので
スズキ車、特に∨100弄りにかけてはとてつもないノウハウをお持ちの
ヒサオカさんにチェックをお願いすることに。

バイクドクターヒサオカに持ち込みサクッとカバーをご開帳。
140315001001.jpg
驚くべき早さでパーツが外されていきます。

まずはクラッチ側。純正パーツで構成され、トルクカム溝も良好。
140315002002.jpg
ここはクラッチスプリングを10%強化タイプに変更依頼。

そしてプーリー側。私ならネジを舐めるなw
140315003003.jpg
そうそう、ベルトは終了してましたんで純正新品に交換。

予想通りのウェイトローラーの偏摩耗。
140315004004.jpg
プーリーは使えなくはないけど謎な商品に人柱として交換w

ランププレートは悪評の多い純正でしたので、純正流用の某車1型用を使用。
ウェイトローラーは純正新品3個に純正流用軽め3個で最初のセット。
ついでに終わってたディスクローターを激安社外品に交換。

ここまでをヒサオカさんにお願いしまして納車となりました。
やってできない作業ではないけど、オール純正で組まれていたかどうか
そのあたり見てもわからないのでプロにお任せしました。
また、分解手順や注意点も丁寧に教えてくれつつ作業を進めてくれました。

 ~3/23~
家に持ち帰り、好天の休日にブレーキパッド交換。
140323001001.jpg
チョイスしたのはキタコのノンフェードディスクパッド。

選んだ理由はデイトナの赤パッドより500円安かったからw
でもデイトナの方が厚みが少し多かったような?

内側・外側ともに新旧比較。
140323002002.jpg 140323003003.jpg
厚み自体は使用限度以内でしたが・・・。

見ての通り、ディスクの傷跡どおりの摩耗で新品ディスクに対して当たり面が少なすぎ。
140323004004.jpg
これじゃぁブレーキが効かないわけだ。

交換作業を済ませ、ベルトやブレーキの慣らしをしながらフィールの違いにワクワクします。
ディオ時代にテストで走らせていた場所に移動し、全開チェック!

おお!素晴らしいw
トップスピードも向上していますし一番不満だった減速後の再加速が気持ちイイ><
ウェイトローラーをあと2通りくらいテストしてベストを出せば
いわゆる通勤快速号の称号に相応しい車両になるでしょう。

ここから先はヤフオクでチャンバー探しして、タマダ44秒台への道を探るか?
ん?なんか違う方向に行っちゃいそうw

バナーをクリックするとクリックした方に3000円分の商品券が当たるチャンスが!
チャンスは毎日1回限り、日課としてクリックを!!

 ↓


広島ブログ
↑この記事のランキングに反映されます

Category: アドレスV100 【CE11A】

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

台湾のタイヤ

 【22//2013】

レースシーズンも終わり、バイクはもうほとんど乗らない時期。
しかしたま~にスクーターに乗ることが有り、
そのスクーターのフロントタイヤが完全に終わっています。
具体的にはサイドウォール全周にわたり、ひび割れています。

乗りたい時に乗れないのでは所有している意味がありません。
という事で、交換するならどんなタイヤをチョイスするか
変わりもの好きな私が選んだのは台湾のメーカー・DURO製のDM1107。

しかしながらこのタイヤ、ありきたりなルートでは入手が難しそう。
タイヤの事なら福川商会に聞けばいいかとメール発射。
福川君が「オークションで落としときましょうか?」と返信をくれたのでお願いしました。
で、入荷の知らせがあって、移転前の福川商会へ。

ブログネタ用に、同サイズや近いサイズの他銘柄と並べて比較。
131130001001.jpg
左から、DLのD307、DUROのDM1107、IRCのMBR740、DLのD306

直径もタイヤ形状も、それぞれ微妙に違います。
131130002002.jpg
左端のD307のみサイズが違いますが、他は同じサイズです。

3.50-10で比較した場合、
MBR740が一番直径が小さくてラウンドがなだらか。
DM1107は尖った印象で直径もやや大きめ。
D306はハイグリップじゃありませんが、全体的に大柄な印象。

トレッドパターンの印象は、DM1107はかつてのDLのTT91っぽい直線基調。
見た目では正しい判断ができませんが、ウェットはMBR740より得意そう?

福川君にサクッと交換してもらいました。
131130003003.jpg
ブレーキパッドもディスクもダメ出しがありましたが
年間1000キロも走らないよと言うと
たまたまそばに居たシュークリーム王子が「じゃぁ替えなくて大丈夫です」
と判断してくれたのでブレーキは手を付けませんでした。

131130004004.jpg
サイドウォールの赤いRacingの文字がハイグリップの主張か?

131201001005.jpg
どの程度グリップするか楽しみですが、サーキットに持ち込むことはあるのか?

サイズバリエーションがいくつかあるので
誰かNSRに履かせてインプレお願いしますw
ちなみにビックリするぐらい安いタイヤです。

バナーをクリックするとクリックした方に3000円分の商品券が当たるチャンスが!
チャンスは毎日1回限り、日課としてクリックを!!

 ↓


広島ブログ
↑この記事のランキングに反映されます

Category: アドレスV100 【CE11A】

Comments (4) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

続・油断も隙もない

 【18//2013】

昨年9月に同様なタイトルを付けて記事にしたんですが
今年もやられちゃいましたよ。

130815004001.jpg
夏の風物詩となった感さえある、蜂による巣作り被害です。

今まではディオZXだったんですが、昨秋から愛車はアドレス∨100。
ま、∨100自体は仕様違いでかれこれ3台目のお付き合いですから
そんなに難しいとも感じませんが。

マフラーを外すのに緩めるボルトは計5本だったかな?
130818001002.jpg
今回は土をほじってからテールパイプにホースを突っ込み水を勢い良く注入。

130818002003.jpg
勢い良く水が出てきたら、きちんと抜けたって事です。

逆からも水を注入したら蜂の子が出てきました。
グロいんで今回は自主規制。
見たい方は前回記事を見てください。

マフラー内部の水は何度もマフラーをシェイクしながら徹底的に排出します。
マフラーの構造上、どうしても全ては排出できませんが、それはOKです。

あらかた水を抜いたら、マフラー取り付け。
130818003004.jpg
エンジンは一発でかかりました。

画像の通り、マフラー内に残った水は排圧でどんどん抜けていきます。
スロットルを開けると盛大に噴射されるので、周囲に汚れたらマズいものが無いよう注意。

あとは近所の川沿いをフルスロットルでテスト走行。
きちんと「ゆわ」km/h出るのでOKです。
 ※キーボードの「ゆ」と「わ」の数字ね。


月に数回しか乗らないから、普段はテールパイプを隠すかなぁ・・・。

バナーをクリックするとクリックした方に3000円分の商品券が当たるチャンスが!
チャンスは毎日1回限り、日課としてクリックを!!

 ↓


広島ブログ
↑この記事のランキングに反映されます

Category: アドレスV100 【CE11A】

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る