2018 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2018 07

有耶無耶だったレストアの再開 (3)

 【20//2018】

※ 前回からの続きです

手が空く度に少しずつ作業を進めているガンマ。
今回はどこから手を付けようかと車輌を眺める。

瞬殺で終わるチェーンカバーに決定!
180420001001.jpg
単体で見たらどっちも使用感たっぷりですが、ウルフの方が少しだけマシだったものでね。

次は文字が消えていないウルフの左スイッチといきたかったんですが、
残念ながら本体にクラックが入っているために断念しました。
180420002002.jpg180420003003.jpg
左 : ガンマ            右 : ウルフ

気を取り直し、左スイッチそばのチョークレバーの比較。
ガンマはチョークレバーを引いたところで固定できません。
ウルフはきちんと固定できます。
何かしら部品が壊れているか欠品なのでしょう。
180420004004.jpg
この部品がガンマのチョークレバーには欠品となっていましたので、移植。

ハンドル周りを見ていたら、グリップの摩耗度合いが違ったので交換。
180420005005.jpg
ウルフのほうが摩耗がかなり少ないです。

スロットル側もウルフのほうがマシだったので交換。
180420006006.jpg
スロットルコーンもウルフのほうが良品でした。

タンデムステップの根本の錆が気になったので、これまたウルフから移植。
180420007007.jpg
ライダー側ステップそのものは最初に交換済みなので手を付けず。

ここまでやって本日の作業は終了。

つづきます

管理人みやっちの別ブログはコチラから↓
みやっちの走食記
みやっちの「Freeliving」ブログ版
ピグスープ公式ブログ
フリーリビング
フリーリビングレーシング「広島ミニバイクレース案内所」

広島ブログ
↑ポチッとしていただきましたら更新の励みになります (゚∀゚)キタコレ!!

Category: RG125Γ 【NF13A】

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

有耶無耶だったレストアの再開 (2)

 【15//2018】

※ 前回からの続きです

作業効率を上げるため、ヒサオカさん店舗より自宅へウルフの移送をしぇんさんにお願いしました。

日没の時間帯なので作業はなしで、車輌は無理矢理押し込みました。
180412009003.jpg
ガンマ・ウルフ・NSRと小排気量の2サイクル車が縦列駐輪となりました。

日にちが変わって作業開始。
180415001002.jpg
まずは2台を並べてどこから手を付けるか考える。

180415002003.jpg
シートカウルの交換に決定。

内側にツメがある部分は大体の場合はダメージがあります。
180415003004.jpg
ウルフの方が軽微な損傷なので、溶剤を使って溶着補強。

180415004005.jpg
カウルを裏から見ればよりわかりやすいですね。

カウルを外したついでにCDIの比較。
180415007008.jpg180415005007.jpg
ガンマとウルフで型番が違いますが、これは特性云々ではなく年式の違いのようです。

180415008006.jpg
ガンマのバーエンドは欠落しているのでウルフに付いている社外品をいただきます。

本日の作業はここまで。

このあとガンマに乗ってタマダにレースを見に行ってきました。
180415014009.jpg
頼もしいチームメイトがクラス2位表彰台獲得! おめでとう!!

つづきます

管理人みやっちの別ブログはコチラから↓
みやっちの走食記
みやっちの「Freeliving」ブログ版
ピグスープ公式ブログ
フリーリビング
フリーリビングレーシング「広島ミニバイクレース案内所」

広島ブログ
↑ポチッとしていただきましたら更新の励みになります (゚∀゚)キタコレ!!

Category: RG125Γ 【NF13A】

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

有耶無耶だったレストアの再開 (1)

 【04//2018】

2014年6月に不動状態で入手し、コツコツと手を入れて動くようになったRG125ガンマ。
実際に公道を走行できるようになると、とりあえずコレで良いか・・・なんて
生来の怠け癖で見た目が酷いままで乗り続ける事3年以上。

そんな私のもとにしぇんさんからLINE画像が届きました。
7734511470662000.jpg
これは社外チャンバー?!

サーキット走行時のためにチャンバーが欲しいとは前々から思っていました。
某オークションもたまにチェックしているんですが毎回予算オーバーで諦めていました。

チャンバーと言っても色々なメーカーが出していますので
私が欲しいメーカーのものかわかりません。
しぇんさんに尋ねるも、わからないとの事。
これは自分で見て判断せねば・・・。

さっそく次の休みの日にチャンバーのあるお店へ。
いつもお世話になっているヒサオカさんのところです。
チャンバー本体を持って、どこかに刻印でもないかと見ていたら
本体に「SUGANO」と刻まれています。
まさに私が欲している逸品ですよ!

金額交渉し、無事商談成立(^_-)-☆

このチャンバーが付いていた車輌はガンマの兄弟車のウルフ125。
見た感じ、外観は私のガンマより綺麗。
放置期間のせいか、あちこちトラブルを抱えて不動となっています。

ここはガンマより綺麗だなぁ~
ここもガンマより程度がイイなぁ~
ここはイマイチだけどガンマよりマシだなぁ~
なんて物欲しそうに物色していたら、欲しい部品持っていってOKとのお言葉!!

工具を借りてその場で移植開始。
180404007002.jpg
まずは簡単なブレーキレバーから。

180404008003.jpg
ステップ。

180404009004.jpg
ステップもう一丁。

キリがないので続きは自宅にウルフを預かって作業することに。
180404010005.jpg
移動はしぇんさんにお願いしました。

180404006001.jpg
肝心のチャンバーを忘れてはいけませんねw

という事で、少しずつガンマが綺麗になる予定です。
もちろん中古パーツなので自己満足レベルではありますが・・・。

管理人みやっちの別ブログはコチラから↓
みやっちの走食記
みやっちの「Freeliving」ブログ版
ピグスープ公式ブログ
フリーリビング
フリーリビングレーシング「広島ミニバイクレース案内所」

広島ブログ
↑ポチッとしていただきましたら更新の励みになります (゚∀゚)キタコレ!!

Category: RG125Γ 【NF13A】

Comments (4) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

ガンマ備忘録 排気バルブ編 4

 【26//2017】

 ※前回の続きです

排気バルブの交換作業を終え、エンジンも始動したので
残る作業はリアタイヤの交換。
170526006001.jpg
大山乳業の牛乳ケースがスタンドに丁度良いらしいです。

選んだタイヤはIRCのRX-02純正サイズ。
170526001002.jpg
スポーティな位置づけのツーリングバイアスタイヤです。

フロントに中古とは言えレース指向のハイグリップバイアス・BSのBT39SSを入れたので
バランスから言えばイマイチな選択かもしれませんが
通常用途での評価がなかなか良さそうなのと
ツーリングメインの純正サイズに拘って、最終的に価格で決めました。

そうそう、記事にはしていませんでしたがフロントはタイヤだけじゃなく
中古ではありますが左右のフォークをヤフオクで落札し、アッセンブリーで交換しています。
フォークからオイルが漏れていましたからねぇ。

交換作業も終え、試乗に出ました。
170526007003.jpg
音戸大橋ってこんなに小っちゃかったっけ?w

エンジンは完璧とは言えませんが、実用上問題ないレベルまで使えるようになりました。
前後ともタイヤの皮むきが必要なのでそこそこペースでちょろっと走って
ニッシー君のサティアンへ戻りました。

気持ちよく走れるようになった事を報告し、帰宅することに。
ニッシー君、ありがとうございました\(^o^)/

帰りはツーリングを兼ねて、灰ヶ峰へ。
170526008004.jpg
高校生の頃は自転車部だったからロードレーサーで登っていたなぁ・・・。

調子良く、熊野→阿戸→八本松→西条と走り、
FLAGさんで用事を済ませて2号線を下って帰宅しました。



管理人みやっちの別ブログはコチラから↓
みやっちの走食記
みやっちの「Freeliving」ブログ版
ピグスープ公式ブログ
フリーリビング
フリーリビングレーシング「広島ミニバイクレース案内所」

広島ブログ

Category: RG125Γ 【NF13A】

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

ガンマ備忘録 排気バルブ編 3

 【26//2017】

 ※前回の続きです

ニッシー選手宅に部品を全て届け、あとを託しました。
廃盤になっていたパーツはダメ元で加工依頼。

S__4677636001.jpg
ピンが嵌る長穴部分の比較。左の方はピンのカタチにダメージが。右は新品。

S__4677638002.jpg
左の方は真円でなければならないピン貫通部が長穴に変形しています。右は新品。

S__4677639003.jpg
表裏逆にしての撮影。

S__4759555004.jpg
ピンを挿した状態でエポキシパテにて真円加工&ピン固定。

S__4759556005.jpg
表裏逆にしての撮影。

S__4759561006.jpg
中古加工品をアッセンブリー状態まで組み立て。

S__4759563007.jpg
コチラは新品アッセンブリー。

S__4759565008.jpg
バルブを組み付けた状態。向かって右が新品。向かって左(部品としては右)は廃盤なので中古加工。

170524009009.jpg
ニッシー選手のゴッドハンド。

170524010010.jpg
腰が悪いのに頑張ってくれてます。

排気デバイスを全て組み付けてエンジン始動。
なかなかかかりませんでしたがかかってしまえばご機嫌な感じ。
排気バルブが回転数に応じてピコピコと動くのが確認できます。

確認作業ができたので、ラジエター組み付けや冷却水注入、
ミッションオイル注入等々もすすめて残りの作業は・・・。

つづくし。

管理人みやっちの別ブログはコチラから↓
みやっちの走食記
みやっちの「Freeliving」ブログ版
ピグスープ公式ブログ
フリーリビング

広島ブログ

Category: RG125Γ 【NF13A】

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る