2017 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 05

取り急ぎ、ハンダで補修

 【07//2014】

サンポール攻撃でピンホールの開いたガンマの燃料タンク。
このままではガソリンが漏れるだけでなく、錆取りにも支障があるので
取り急ぎピンホールをハンダで塞ぐ事に。

燃料タンクを裏返したフチの部分にピンホールが1箇所。
140807001001.jpg
0.5ミリのシャーペンの芯すら通らない小さな穴です。

ハンダで塞ぐのより一回り大きい範囲をペーパーで研磨。
140807002002.jpg

ペーストを流しながらやったらあっという間に塞がりました。
140807003003.jpg
裏側なので見た目は気にしません。

念のため、ペーパーで研磨した部分はタッチペンで保護しておきました。
この状態でタンクに水を入れても漏れなくなったので良しとしよう。
作業時間約5分。
手持ちの60ワットのハンダゴテでも簡単にできました。
不安要素が有るとすれば、板金ハンダじゃなく、普通のハンダを使ったことぐらいか?

タンクをガンマにセットし、錆取り再開。
140807004004.jpg
エーゼットの「ハウスキャット つけ置きサビアウト」(861円)なる商品を注入してみました。

7(木)夜時点で原液を全量(0.5リットル)入れたので翌朝まで様子をみてみようと思います。
予定としては、8(金)朝に2倍に薄め、8(金)夜に3倍に。
9(土)朝は5倍に薄め、9(土)夜に8倍に。そして日曜朝にタンク一杯に薄めたいけど
作業できるかどうかは台風次第ってところですね。

この商品、サビを取って防錆皮膜も作ってくれるらしいけど
安いからそこまで期待できないだろうなぁ・・・。

バナーをクリックするとクリックした方に3000円分の商品券が当たるチャンスが!
チャンスは毎日1回限り、日課としてクリックを!!

 ↓


広島ブログ
↑この記事のランキングに反映されます
スポンサーサイト

Category: RG125Γ 【NF13A】

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

ネット上でも、タンクの簡単な錆びおとしが載ってますが、どれが一番効果的なんだろうっていつも思いますよ(^-^;

Posted at 11:55:31 2014/08/09 by ウルトラマンボーイ

Comments

 >ウルトラマンボーイさん
ネットの情報は吟味しないと遠回りになりますよね。
今回の私がそうですがww

今のところ、「つけ置きサビアウト」は良さ気です。

Posted at 01:27:55 2014/08/10 by みやっち@管理人

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks