2015 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. »  2015 03

L902Sムーヴ エアロダウンカスタム 補修

 【18//2015】

約3年前から乗っている中古ムーヴ。
古い割に走りも良く、通勤の足としては不満はさほどありません。

ですが古いだけにマイナートラブルが出始めまして
スピードメーター内のシフトポジションランプが1個切れて
持病とも言えるパワーウィンドースイッチも壊れました。

どちらも大して手間もかからず直るので、DIY感覚で修理に取り掛かります。

まずはシフトポジションランプの交換から。
150218010001.jpg
黄丸の部分が切れたランプ(D4の部分)です。
緑丸の部分にプラスネジがありまして、スタビドライバーでネジを緩めます。
赤丸のあたりは爪で固定されているので、大胆かつ繊細に外します。
あ、あらかじめコラムシフトはPから2まで下げておいたほうが作業の邪魔になりません。

メーターのカバーが外れたら、ソケットでメーターを固定しているネジ4本を緩め、メーターをズラします。
150218011002.jpg
今回はD4部分のランプバルブを外すだけなので、メーターは写真のようにズラせばOK。

ランプバルブを交換したら、メーターを固定する前に点灯チェック。
150218012003.jpg
エンジンチェックランプが点いてるのは、エンジンを始動していないからです。

D4は点灯率が一番高いから切れるんでしょうね。
150218013004.jpg
実は切れてから暫くは2のランプバルブと入れ替えてたんですけどねw

今回のランプバルブ、実は中古パーツでして、くぢらちゃんからいただいたメーターに付いてました。
150218014005.jpg
桃丸部分が外したランプバルブが刺さってたところです。

この年代のダイハツ車のウィークポイントのPWスイッチ故障、もう慣れました。
150218015006.jpg
スイッチ内のプラパーツが折れるのが故障原因ですが
緑丸で囲ったのが折れる部品で、接着剤で修理しておいたものです。

運転席スイッチとウィンドーロックに同じパーツが使われているので
補修パーツはウィンドーロックに、運転席スイッチにはウィンドーロックのパーツを組みます。
なぜなら接着剤補修のパーツは弱いので、普段は使わない部分に使ったほうが
耐久性の面で安心感がありますからね。

シフトポジションランプとパワーウィンドースイッチの補修にかかった時間は計30分弱。
くぢらちゃんのおかげでランプバルブも買わなくて済んだし
パワーウィンドースイッチの部品はストックがあったしで、かかった費用もゼロ。

財布に優しい補修術でした。
パーツ供給してくださったくぢらちゃん、ありがとうございました^^
700系ミラと900系ムーヴが同世代で共用パーツが多くて助かりました。

管理人みやっちの別ブログはコチラから↓
みやっちの走食記
みやっちの「Freeliving」ブログ版
ピグスープ公式ブログ

広島ブログ
↑この記事のランキングに反映されます
スポンサーサイト

Category: ムーヴ 【L902S】

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る