2018 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2018 06

カテゴリ:RG125Γ 【NF13A】 の記事リスト(エントリー順)

ちゃちゃっと塗る

 【04//2018】

車輌美化を推進中のガンマ。
燃料タンクとカウルを塗ってしまえばパッと見は良くなるんでしょうけど
それやっちゃうと他がまた後回しで有耶無耶になりそうなので
今回は自分の視界に入る部分をインスタント的に塗ります。

トップブリッジの塗装剥がれとステムナットの錆が気になります。
180504001001.jpg
∨100の鍵と自宅の鍵が走行中に擦れてこんな事になってしまいます。

180504002002.jpg
養生テープと新聞紙とタオルでマスキング。

適当な黒のスプレーを吹いて完成。
180504004003.jpg
トップブリッジを単体にして塗るの面倒だからコレでOK。

このままにしておいたらまた同じ事になるので
近々何か貼って保護しましょうかね。

管理人みやっちの別ブログはコチラから↓
みやっちの走食記
みやっちの「Freeliving」ブログ版
ピグスープ公式ブログ
フリーリビング
フリーリビングレーシング「広島ミニバイクレース案内所」

広島ブログ
↑ポチッとしていただきましたら更新の励みになります (゚∀゚)キタコレ!!
スポンサーサイト

Category: RG125Γ 【NF13A】

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

ドナーのウルフとお別れ

 【28//2018】

ヒサオカさんのご厚意で欲しいパーツをもぎ取らせていただいたウルフ。
もっと大胆にアレもコレもといきたいのをグッと堪えて
それでも十分にパーツをガンマに移植させていただきました。

嫁さんにはゴールデン・ウィークまでには作業を終えて返却するからと言ってた手前
有言実行して車両置場を少しでもスッキリさせる必要があります。

前に乗っていたモビリオスパイクであれば無理すればウルフを積めたんですが
今乗っているモビリオでは積むことができないのでいつも何かとお世話になっている
しぇんさんにお願いしてハイエースでヒサオカさんのお店まで運んでもらうことに。

180428016001.jpg
旅立ち前の最後の2ショット。

180428017002.jpg
お互いのパーツが入れ替わった事によって、本当に血を分けた兄弟となったようです。

返却完了感無量。しぇんさんありがとうございました m(_ _)m
180428022003.jpg
数年間を共に過ごしたシートカウルとかレバーやステップ等、
私の体に接していただけに名残惜しい気もしますね。

返却時、ヒサオカさんが「持ってこんでもエエのに~邪魔!」ってw
2018年5月14日時点でまだ置いてありますので
レストアしたい方、部品取りにしたい方等いらっしゃいましたら
是非お引取りお願いします!

部品の交換が終わってからの作業はついてるパーツの美化となります。
180429001004.jpg
とりあえずシフトのリンクが錆びてるので色でも塗ろうかな?

180429002005.jpg
リンクをサンドペーパーで磨いて~。

180429003006.jpg
適当なタッチペンのシルバーで筆塗り。

あっという間に終了。

管理人みやっちの別ブログはコチラから↓
みやっちの走食記
みやっちの「Freeliving」ブログ版
ピグスープ公式ブログ
フリーリビング
フリーリビングレーシング「広島ミニバイクレース案内所」

広島ブログ
↑ポチッとしていただきましたら更新の励みになります (゚∀゚)キタコレ!!

Category: RG125Γ 【NF13A】

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

有耶無耶だったレストアの再開 (5)

 【27//2018】

※ 前回からの続きです

休憩後、作業再開。
前半は主に見えない部分をあれこれと移植しましたが
後半は見える部分であるウィンカーの交換です。

ガンマのウィンカーは角型で、一部が割れてしまっています。
180427021001.jpg
ウルフに付いているウィンカーは社外品の丸型クリアタイプ。

ガンマから外したウィンカーをウルフに移植。
180427022002.jpg180427023003.jpg
当然ボルトオンです。

ガンマに移植するウルフのウィンカーは小加工が必要でした。
と言っても加工は配線だけの問題で、
ガンマはプラス線もマイナス線もギボシで繋がっていたものを
ウルフ用はマイナス線がギボシではなくアース接続になっていて
その部分の端子が千切れていたのでクワ型端子を付けて結線し、
配線自体も被覆が一部めくれていたりしたので綺麗に処置してから結線しました。

ウィンカーが正常に作動するかチェックしたらOKだったので近所へ試走に。
180427024004.jpg
黒いカウルにクリアで小さめなウィンカーなので目立ちません。

180427025005.jpg
どちらかと言えばリアの方は変えたのがわかりやすいか?

180427026006.jpg
まぁオーナーにしかわからない程度の変化でしょう。

これにてウルフからの移植作業は終了となりました。

おしまい

管理人みやっちの別ブログはコチラから↓
みやっちの走食記
みやっちの「Freeliving」ブログ版
ピグスープ公式ブログ
フリーリビング
フリーリビングレーシング「広島ミニバイクレース案内所」

広島ブログ
↑ポチッとしていただきましたら更新の励みになります (゚∀゚)キタコレ!!

Category: RG125Γ 【NF13A】

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

有耶無耶だったレストアの再開 (4)

 【27//2018】

※ 前回からの続きです

見えやすい部分から進めていったので、今回は見えにくい部分から。
180427001001.jpg
ドナーであるウルフのキャブにアクセスすると針が緑色に染まっていました。

180427002002.jpg
念のために中身を確認してもやはり緑色、そして詰まってました。

180427007003.jpg
メインジェットは210が入っていました。チャンバー用に濃い目にしてたのかな?

180427003004.jpg
ガンマのオイルポンプのカバーが劣化して割れています。

180427004005.jpg
ウルフの方は割れていないので交換。

180427005006.jpg
燃料ホースとフィルターもウルフのほうが良品なので交換。

180427006007.jpg
燃料タンクをフレームに嵌める部分のゴムもウルフのほうが良品なので交換。

燃料タンクの両脇下のゴム。
180427008008.jpg
ウルフの方は付いています。

180427009009.jpg
ガンマは欠品なので移植。

燃料タンクを戻す前にエアクリーナーBOXの比較。
180427010010.jpg
ガンマの方は穴あけ加工済。

ガンマのエアクリ蓋は裏側も穴あけ加工しています。
180427011011.jpg
ガンマはスポンジも無しでストッキングみたいな薄いフィルターになっています。

燃料コックの比較。
180427012012.jpg
ガンマの方は予備側のフィルターが無くなっていますのでこれも移植で。

リアブレーキパッドの比較。
180427013013.jpg180427014014.jpg
左 : ガンマ              右 : ウルフ

180427015015.jpg
どちらも純正パッドですが、残量があまりにも違うのでこれも移植。

ここまでやって一旦休憩。

つづきます

管理人みやっちの別ブログはコチラから↓
みやっちの走食記
みやっちの「Freeliving」ブログ版
ピグスープ公式ブログ
フリーリビング
フリーリビングレーシング「広島ミニバイクレース案内所」

広島ブログ
↑ポチッとしていただきましたら更新の励みになります (゚∀゚)キタコレ!!

Category: RG125Γ 【NF13A】

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

有耶無耶だったレストアの再開 (3)

 【20//2018】

※ 前回からの続きです

手が空く度に少しずつ作業を進めているガンマ。
今回はどこから手を付けようかと車輌を眺める。

瞬殺で終わるチェーンカバーに決定!
180420001001.jpg
単体で見たらどっちも使用感たっぷりですが、ウルフの方が少しだけマシだったものでね。

次は文字が消えていないウルフの左スイッチといきたかったんですが、
残念ながら本体にクラックが入っているために断念しました。
180420002002.jpg180420003003.jpg
左 : ガンマ            右 : ウルフ

気を取り直し、左スイッチそばのチョークレバーの比較。
ガンマはチョークレバーを引いたところで固定できません。
ウルフはきちんと固定できます。
何かしら部品が壊れているか欠品なのでしょう。
180420004004.jpg
この部品がガンマのチョークレバーには欠品となっていましたので、移植。

ハンドル周りを見ていたら、グリップの摩耗度合いが違ったので交換。
180420005005.jpg
ウルフのほうが摩耗がかなり少ないです。

スロットル側もウルフのほうがマシだったので交換。
180420006006.jpg
スロットルコーンもウルフのほうが良品でした。

タンデムステップの根本の錆が気になったので、これまたウルフから移植。
180420007007.jpg
ライダー側ステップそのものは最初に交換済みなので手を付けず。

ここまでやって本日の作業は終了。

つづきます

管理人みやっちの別ブログはコチラから↓
みやっちの走食記
みやっちの「Freeliving」ブログ版
ピグスープ公式ブログ
フリーリビング
フリーリビングレーシング「広島ミニバイクレース案内所」

広島ブログ
↑ポチッとしていただきましたら更新の励みになります (゚∀゚)キタコレ!!

Category: RG125Γ 【NF13A】

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る