2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

カテゴリ:RG125Γ 【NF13A】 の記事リスト(エントリー順)

ガンマ備忘録 排気バルブ編 4

 【26//2017】

 ※前回の続きです

排気バルブの交換作業を終え、エンジンも始動したので
残る作業はリアタイヤの交換。
170526006001.jpg
大山乳業の牛乳ケースがスタンドに丁度良いらしいです。

選んだタイヤはIRCのRX-02純正サイズ。
170526001002.jpg
スポーティな位置づけのツーリングバイアスタイヤです。

フロントに中古とは言えレース指向のハイグリップバイアス・BSのBT39SSを入れたので
バランスから言えばイマイチな選択かもしれませんが
通常用途での評価がなかなか良さそうなのと
ツーリングメインの純正サイズに拘って、最終的に価格で決めました。

そうそう、記事にはしていませんでしたがフロントはタイヤだけじゃなく
中古ではありますが左右のフォークをヤフオクで落札し、アッセンブリーで交換しています。
フォークからオイルが漏れていましたからねぇ。

交換作業も終え、試乗に出ました。
170526007003.jpg
音戸大橋ってこんなに小っちゃかったっけ?w

エンジンは完璧とは言えませんが、実用上問題ないレベルまで使えるようになりました。
前後ともタイヤの皮むきが必要なのでそこそこペースでちょろっと走って
ニッシー君のサティアンへ戻りました。

気持ちよく走れるようになった事を報告し、帰宅することに。
ニッシー君、ありがとうございました\(^o^)/

帰りはツーリングを兼ねて、灰ヶ峰へ。
170526008004.jpg
高校生の頃は自転車部だったからロードレーサーで登っていたなぁ・・・。

調子良く、熊野→阿戸→八本松→西条と走り、
FLAGさんで用事を済ませて2号線を下って帰宅しました。



管理人みやっちの別ブログはコチラから↓
みやっちの走食記
みやっちの「Freeliving」ブログ版
ピグスープ公式ブログ
フリーリビング
フリーリビングレーシング「広島ミニバイクレース案内所」

広島ブログ
スポンサーサイト

Category: RG125Γ 【NF13A】

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

ガンマ備忘録 排気バルブ編 3

 【26//2017】

 ※前回の続きです

ニッシー選手宅に部品を全て届け、あとを託しました。
廃盤になっていたパーツはダメ元で加工依頼。

S__4677636001.jpg
ピンが嵌る長穴部分の比較。左の方はピンのカタチにダメージが。右は新品。

S__4677638002.jpg
左の方は真円でなければならないピン貫通部が長穴に変形しています。右は新品。

S__4677639003.jpg
表裏逆にしての撮影。

S__4759555004.jpg
ピンを挿した状態でエポキシパテにて真円加工&ピン固定。

S__4759556005.jpg
表裏逆にしての撮影。

S__4759561006.jpg
中古加工品をアッセンブリー状態まで組み立て。

S__4759563007.jpg
コチラは新品アッセンブリー。

S__4759565008.jpg
バルブを組み付けた状態。向かって右が新品。向かって左(部品としては右)は廃盤なので中古加工。

170524009009.jpg
ニッシー選手のゴッドハンド。

170524010010.jpg
腰が悪いのに頑張ってくれてます。

排気デバイスを全て組み付けてエンジン始動。
なかなかかかりませんでしたがかかってしまえばご機嫌な感じ。
排気バルブが回転数に応じてピコピコと動くのが確認できます。

確認作業ができたので、ラジエター組み付けや冷却水注入、
ミッションオイル注入等々もすすめて残りの作業は・・・。

つづくし。

管理人みやっちの別ブログはコチラから↓
みやっちの走食記
みやっちの「Freeliving」ブログ版
ピグスープ公式ブログ
フリーリビング

広島ブログ

Category: RG125Γ 【NF13A】

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

ガンマ備忘録 排気バルブ編 2

 【24//2017】

 ※ 前回の続きです

ニッシー選手の手によりトラブった部分・排気デバイス関連のパーツは全て取り外され
可能な限りクリーニングされた状態になり、オーダーしたパーツの入荷待ちとなっていましたが
順次入ってきたので購入したパーツを並べてみます。

左から品番・品名・単価です。
170519008001.jpg
11207-19D01-000  バルブアッシ.エキゾースト.レフト  13,700

170519010002.jpg
11258-19D00-000  シャフト.エキゾーストバルブ  2,200

170519011003.jpg
11274-22D01-000  リテーナー.エキゾーストバルブ  ?

170519013004.jpg
11263-08D11-000  スペーサ.エキゾーストバルブ  620 ✕2

170519014005.jpg
11265-12C00-000  ブッシュ.エキゾーストバルブ.NO2  440
09300-08016-000  ブッシュ  70

170519015006.jpg
09440-C3011-000  スプリング  ✕2  ?

170519019007.jpg
11253-01B32(01B31統一)-000  ピン.エキゾーストバルブ  650

170524001009.jpg
09282-08004-000  オイルシール.8✕16✕5  170・・・BOのため後日入荷

排気バルブには関係ありませんが、ついでにバッテリーホルダ用のバンドも購入。
170519016008.jpg
09462-00034-000  バンド  160

画像にはありませんがこの他に
11238-01B30-H17  ガスケット.シリンダカバー.NO2  120
と、ジェネレータのガスケットを入手しました。

なお、欲しかった右側の排気バルブアッシは残念ながら廃盤になっていて入手不能でした。
参考までに品番は11206-19D01-000  バルブアッシ.エキゾースト.ライト  13,700

つづくし。

管理人みやっちの別ブログはコチラから↓
みやっちの走食記
みやっちの「Freeliving」ブログ版
ピグスープ公式ブログ
フリーリビング

広島ブログ

Category: RG125Γ 【NF13A】

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

ガンマ備忘録 排気バルブ編 1

 【19//2017】

昨秋の走行中に短い異音の後にエンジン不調となったガンマ125。
アイドリングや高回転は使えなくはないけど
常用域の6~8000rpmあたりがとにかく全く使い物にならなくなってしまい、
持病と名高い排気バルブ系トラブルだろうと予測しつつ騙し騙し乗ってた数ヶ月。

春になり、走行頻度も高くなるだろうとついに修理に取り掛かる事に。
そんなタイミングでレースでお世話になってるニッシー選手が手が空くという事で
本職の力を借りる事に。

170519022002.jpg
排気バルブ摘出後、ピストンを望む。

170519020004.jpg
摘出した排気バルブは摩耗が進みエゲツない形状に尖っています。

170519017003.jpg
排気バルブに使われているバネも2本とも折れて短くなっています。左端のバネは新品。

170519010005.jpg
排気バルブのシャフトも段付き摩耗。

170519018001.jpg
外した部品をこんなにも綺麗にしてくれたニッシー選手。

つづくし。

管理人みやっちの別ブログはコチラから↓
みやっちの走食記
みやっちの「Freeliving」ブログ版
ピグスープ公式ブログ
フリーリビング

広島ブログ

Category: RG125Γ 【NF13A】

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

ガンマの外装リフレッシュに着手 Ⅲ-2

 【14//2016】

前回の続きです。

カウルの下処理をできる範囲でやっつけたので、塗装しました。

個人的に一番ムラになりにくいのはソフト99のスプレーなんですが値が張るので
安くてたっぷり入ったコーナンの税込267円のお買い得ラッカーをチョイス。

ソフト99よりドバっと出てしまうのでタレないように注意してスプレー塗装。

塗り終えたら乾燥させて#2000番の耐水ペーパーで水研ぎし、
3000番台のコンパウンド→9000番台のコンパウンドと磨いていき鏡面仕上げ。

仕上がって、新旧カウルの比較。
160914005001.jpg

160914006002.jpg
従来のカウルの裏側はこんなにもパテがゴテゴテで割れもありました。

160914001003.jpg 160914009004.jpg
左 : 補修前                     右 : 補修後

160914002005.jpg 160914008006.jpg
左 : 補修前                     右 : 補修後

160914003007.jpg
従来のカウルはナックルガード部が割れていました。

160914010008.jpg
ヤフオクカウル補修後は当然の事ながら、ツルンとしました。

160914004009.jpg
従来のカウルは補修のために盛ったパテが割れて剥げて無残でした。

160914011010.jpg
ヤフオクカウルは損傷が最小限だったのでスッキリとしました。

景色の映り込みもスクリーンの透明度も、若返り効果バツグンです!
160914007011.jpg
タンクやシートカウルも黒に「仮で」塗装してるので統一感もでてきました。

でもまぁ素人補修の素人ラッカー塗装なんで、1m以内に近づいて見ちゃ駄目ですけどねw

早くアンダーカウルの補修と「仮塗装」部分の本塗装もしなくては。

管理人みやっちの別ブログはコチラから↓
みやっちの走食記
みやっちの「Freeliving」ブログ版
ピグスープ公式ブログ
フリーリビング

広島ブログ
↑この記事のランキングに反映されます

Category: RG125Γ 【NF13A】

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る