FC2ブログ
2019 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2019 04

カテゴリ:アクアリウム(金魚) の記事リスト(エントリー順)

消耗品

 【17//2019】

ここのところ金魚のコンディションに問題はなく、定期的な水替えのみで楽な状態になっています。
水替えは概ね2~3日に1回、バケツ1杯(約5リットル)だけ替えていますが
水槽の容量がだいたい23リットル程度だと思われるので2割程度替わることになります。

水替えといっても人それぞれで汲み置いた水を使われる方もいらっしゃいますが
私はガス給湯器で水温合わせした水にカルキ抜きを入れて中和しています。
そのカルキ抜きは今までは光合成細菌が入っているサンミューズ濃縮PSBという商品を使っていましたが
少し前からバクテリア本舗のバクテリア弁慶を使い始めたので
光合成細菌の入っていないカルキ抜きを使って純粋に弁慶だけの能力を試したいと思い商品チェンジです。

今回チョイスしたカルキ抜きは金魚の吉田ブランドの濃縮安全カルキ抜きです。
190209006001.jpg
このブランドの商品は矢賀のロイヤルホームセンターにあるのがわかっていたので買いに行ってきました。

この商品の特徴はハイポを使用していない、安全な塩素中和剤という事です。
一般的なカルキ抜きで問題が起きたことがないのでどこでも入手できるものでも良かったんですが
少し前に購入した同ブランドの持続性粘膜保護が良かったので選んでみました。

190209008003.jpg
という事で、金魚の吉田ブランドが2商品となりました。

さっそく使ってみましたが、もちろん問題は起きませんでした。
使う量も少ないのでコスパは良いのではないでしょうか?

ついでにと言っては何ですが、実家から餌がそろそろ無くなりそうなので買っておいてという事だったので
これまた今与えている餌に不満はありませんが、与えたことがない餌を買ってみました。
190209007002.jpg
GEXプロバイオパワーフード沈下性(70g)です。

190211003004.jpg
余談ですが金魚の餌のパッケージって私の朝食シリアルっぽいんですよねぇ・・・。

実家で与えているニチドウメディゴールドIGP沈下性との比較。
190209009005.jpg
左 : GEX 、 右 : ニチドウ 。GEXの方が小粒で色が濃いですね。

試しにウチの金魚に与えてみましたが、我先にと激しく奪い合いながら食べまくっていました。
まぁ何を与えても似たような動きではありますが・・・。

食べっぷりを動画にしてみました。


目新しい違う商品を導入するのは楽しいですね。

管理人みやっちの別ブログはコチラから↓
みやっちの走食記
みやっちの「Freeliving」ブログ版
ピグスープ公式ブログ
フリーリビング
フリーリビングレーシング「広島ミニバイクレース案内所」

広島ブログ
↑ポチッとしていただきましたら更新の励みになります (゚∀゚)キタコレ!!
スポンサーサイト

Category: アクアリウム(金魚)

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

水泡眼と頂天眼の状況

 【07//2019】

 ※前回からの続きです

8月から開始の金魚飼育では、全ての金魚が掬ってきたものだったんですが
順調に推移してきたことから増員を決めて伊藤養魚場さんで購入する事にし、
水泡眼と頂点眼を迎え入れました。

伊藤養魚場の先代のオヤジさんによるとトリートメントは特に必要ないとの事だったので
水合わせをして自宅本水槽に新たな2匹を合流させたところ
東錦による手荒い新人かわいがりの洗礼に遭い、ヒレがボロボロにされてしまいました。
そこで急遽、30cmの隔離病棟を設置して水泡眼と頂天眼のヒレの治療をすることに。

 1/26
まずは天然塩を使用した0.5%塩水浴と
万全の治療を目指し病魚治療薬のアグテンを購入し、念のために規定の70%の濃度になるよう投入。
これで3日間の塩水+薬浴を施し、その間に回復用給餌として微量のメディゴールドIGP(沈下)を与える。
中から外から回復作戦ですね。

 1/28
2日経過し、50%の水替えをしました。塩もアグテンも追加していないので濃度は半分に。
190127020001.jpg
外掛けフィルターの上のバクテリアボトルは蓋の共振音対策のオモリですw

 1/29
薬浴というよりも、粘膜やヒレを保護できるものはないかとネット検索し
金魚の吉田というブランドで持続性粘膜保護という商品を発見。
広島での入手経路はネットになりそうでしたが、
しつこく調べたら矢賀のロイヤルホームセンターであればもしかしたら在庫があるかも?

190129002002.jpg
という事で、久々に伺ってみましたよ。

ペットコーナーのアクアリウム用品コーナーにシリーズ商品がありました!
190129001003.jpg
しっかりと目立つようにコーナーが作られているから店舗が推しているのかな?

190129010004.jpg
さっそく購入し、規定量の投入です。

治療開始から3日、感染症などにかかることもなく、少しヒレの再生が始まっています。
190129011005.jpg190129015006.jpg
この状態から粘膜保護が効果を発揮して早期回復してくれれば良いんですが・・・。

これより2日に1回、50%水替え+粘膜保護の規定量投入を続けます。
給餌は変わらずメディゴールドIGP(沈下)を微量です。

 2/5
粘膜保護投入から1週間、2匹ともヒレの回復具合は上々です。
190205002007.jpg190205004008.jpg
頂天眼は完全回復しました。水泡眼もヒレのバサバサ感が解消し、かさぶたみたいに黒くなって整いました。

という事で、2匹の新入りをメイン水槽での飼育を再チャレンジする事に。

準備として、メイン水槽の先住民でサイズの大きい方から4匹、ビッグ4を隔離。
190205020009.jpg
もちろん主犯の東錦が含まれています。

水泡眼と頂天眼をメイン水槽に。
190205019010.jpg
先住民は穏やかな性格?のピンポンパール4匹と小さな琉金2匹。

 2/6
1日経過して、隔離していたビッグ4をメイン水槽に戻してみました。
190206006011.jpg
今度は逆にビッグ4達が新入り状態ですね。

190206007012.jpg
この作戦が功を奏し、お互いが干渉することもなく平和なコミュニティタンクとなりました。

190206008013.jpg
加害者被害者がそばにいても何も起こりません。

 2/7
更に1日経過。
190207002014.jpg
全12匹が仲良く暮らしています。

という事で、2週間弱で思惑通りの飼育状況となりました。

今回はダメージを負った2匹の回復も思いのほか早かったですし
同居作戦も1回でうまくいって、できすぎ感がありますね。

偶然なのかもしれませんが、購入した持続性粘膜保護も良い仕事をしてくれた気がします。

管理人みやっちの別ブログはコチラから↓
みやっちの走食記
みやっちの「Freeliving」ブログ版
ピグスープ公式ブログ
フリーリビング
フリーリビングレーシング「広島ミニバイクレース案内所」

広島ブログ
↑ポチッとしていただきましたら更新の励みになります (゚∀゚)キタコレ!!

Category: アクアリウム(金魚)

Comments (4) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

掬わずに金魚を増員してみたら

 【25//2019】

今年に入って10匹態勢で順調に推移している我が家の金魚水槽。
バクテリア本舗さんの弁慶の効果もあってか水はクリアで糞の分解も早く水槽内の見た目は上々。
こうなると、なんか変化が欲しくなるというか、魚を増やしたい欲がメラメラと。

はい、南区旭町の伊藤養魚場さんです。
190125013001.jpg
こちらは広島県では唯一なんじゃなかな?金魚専門(一部、鯉・メダカもいますが)の店で
現在地からすぐの別の場所にあった頃には徒歩圏内に住んでいました。
1980年代半ばあたりに茶金か青文魚を購入した経験もあります。

実は前の週に金魚の物色に伺ってはいたんですが
その時は欲しい金魚が入荷したてて1週間後からの販売ですと言われたので
ちょうど1週間を待って出直したんです。

お目当ては水泡眼。
先週チラッと見てはいましたが、じっくりと見れば見るほど悩ましい。
先代のオヤジさんに上見か横見か聞かれ、横見でのオススメを何匹か掬ってもらい品定め。
ようやく決めて、お仲間として頂点眼もお迎えすることに。
これまた悩みましたが結果的に似た色合いの1匹をチョイス。

先代のオヤジさんと旭町の昔話や最近の金魚事情なんかでいろいろと盛り上がり
またいつでも遊びにきてくださいと言っていただき店を後に。

自宅に帰って水槽に金魚が入った袋を浮かべて水温合わせ。
190125016002.jpg 190125019003.jpg
どうですこの愛くるしい表情。 袋の外にはこれから同居になるお仲間がワラワラと。

190125022004.jpg
バケツ内で双方の水を混ぜ合わせて水質も合わせ、いざ放流。

と、ここまでは良かったんですが・・・。

翌日、水槽内の様子を見ると、1匹の東錦が水泡眼にちょっかいを出しています。
水泡眼は各ヒレがボロボロになっていて、頂天眼の尾びれも少し裂けています。
これが噂の金魚の新入りいじめか・・・(´Д`)ハァ…

このままではつつき殺されかねないので、その対策が必要になりますが
まずはダメージを負った新入り2匹のケアが最優先になりますので
その2匹は隔離病棟を設置し、天然塩を使った0.5%浴を開始し
メイン水槽もこの際なので年末に買っておいた少し大きめなフレームレス水槽に交換です。

190126001006.jpg
水槽交換前の状態。

190126002007.jpg
外部濾過器やヒーター・水温計等の補機類を全部外したところ。

水を半分ぐらいまで減らして下駄箱から水槽を降ろし、新旧水槽を並べてみました。
190126003008.jpg
新しい水槽の方が短辺が長いので水量が5リットル程度増えて水質維持に有利。

190126004009.jpg
砂利と水を入れて補機類もセットして魚の引っ越し完了。

190126005010.jpg
フレームレス水槽はスッキリして良いですね。

隔離病棟へ移した水泡眼と頂天眼。
190126028005.jpg
特に水泡眼のやられっぷりが凄まじく、ヒレの状態が酷いので感染症に注意が必要です。



1/25時点での飼育金魚図鑑

190126001東錦大右1 190126013東錦小左2
左 : 襲撃犯の東錦1。当家の金魚で最長寸を誇る。 右 : 東錦2。尾びれがいつも上向き。

190126004絣琉金左3 190126005更紗琉金右4
左 : かすり琉金。当家の金魚で一番太い。 右 : 更紗琉金1。11月頃の尾ぐされは治るもヒレの治癒形状がイマイチ。

190126006更紗琉金左5 190126007素赤琉金6
左 : 更紗琉金2。エラが捲れて戻らないけど元気。 右 : 素赤琉金。掬った時から隻眼。当家最小。

190126008PPパール大左7 190126009PPパール更紗左8
左 : ピンポンパール1。魚種中最大。 右 : ピンポンパール2。水温が下がったり餌を食べすぎてもすぐ浮く。

190126010PPパール白9 190126011PPパール小左10
左 : ピンポンパール3。左は真っ白で右は更紗。 右 : ピンポンパール4。魚種中最小。

190126016頂天眼右11 190126017水泡眼12
左 : 頂天眼。尾びれが少し裂けている。 右 :水泡眼。各ヒレボロボロ。

190126028頂天眼ひれ13 190126029水泡眼14
2匹ともテーマはウルトラマンカラー。

190126025眼力15

190126027眼力16

190126012メイン17

190126013メイン18

190126014メイン19

190126015メイン20

管理人みやっちの別ブログはコチラから↓
みやっちの走食記
みやっちの「Freeliving」ブログ版
ピグスープ公式ブログ
フリーリビング
フリーリビングレーシング「広島ミニバイクレース案内所」

広島ブログ
↑ポチッとしていただきましたら更新の励みになります (゚∀゚)キタコレ!!

Category: アクアリウム(金魚)

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

バクテリア本舗の弁慶を試してみる

 【22//2019】

年末に人の分も頼まれて車3台分のバッテリーをネット注文したりで
ポイントが◯倍みたいな幸運もあって数百円分貯まったんですが
そのポイントというのが期間限定で、あと数日で切れてしまうようでして。
その切れてしまう分のポイントは750円分。
何か必要なものはないかと考えましたがこんな時に限って急ぎで必要なものもなく。
であればポイントを捨てるよりはマシなんで、金魚系で750円前後で何かないかと物色したら
濾過バクテリアが送料込みで760円というのがありました。
自己負担は10円ですし、どのみち期間が過ぎれば750円はなくなるわけだしとポチッとしました。

で、届いたのがコチラ。
190109001001.jpg
水質浄化バクテリア液 弁慶 (バクテリア本舗

金額からチョイスしたのは500mlサイズ。
190109003002.jpg190109004003.jpg
ラベルの手作り感が何ともイカします。

我が家の水槽の水はバクテリア投入前時点でわずかに白く霞んだ感じですが、金魚達は健康そのもの。
190109005004.jpg
ちょうど全10匹が全て写ってくれました。

せっかく購入したのでさっそく投入してみましょう。
190109008005.jpg
初回は規定量の約1.5倍で様子見です。

190109009006.jpg
せっかくなので実家の水槽にも規定量ぐらいで投入。

実家の水槽の水はウチより若干白く霞んだ感じが強いです。
190109010007.jpg
それでも6匹の金魚達は健康そのものなんですけどね。

ここからは日々の水槽の水がどうなっていくかの比較画像になります。

1/9                           1/10
190109bk01.jpg 190110bk02.jpg
1日で少し白濁りが強くなったか?

1/11                          1/12
190111bk03.jpg 190112bk04.jpg
11日が白濁りのピークか?

毎月1回の外部フィルター掃除のタイミング。
1/12
190112001011.jpg
バクテリア実験中なので濾材の洗浄はごくごく軽めに。

水槽ガラス内面の拭き取りと外部フィルターのパイプを掃除するためにダイソーで購入した小物。
190112004012.jpg
観賞魚専用品は高く付くので100均で揃えてみましたがこれで十分。
メラミンスポンジはボロボロになりそうなので使わずにキッチンスポンジを切って使います。

1/13                          1/14
190113bk05.jpg 190114bk06.jpg
濾過槽イジったせいか白濁りMAX。水は12日に60%ほど換えてみたんですけどね。

ここで思い切った決断をしてみました。
1/14に更に60%水換えし、規定量の3倍の弁慶を投入。
そして15~17日にかけて、毎日キャップ1杯の弁慶を投入。この間は水換え無し。

1/18
190118001016.jpg
濁りがかなり薄くなってきて、砂利の上の糞もなくなってきたのでバクテリアが効果的に仕事を始めたようです。
そしてとどめの50%水換えをしてみました。

1/21                          1/22
190121bk07.jpg 190122bk08.jpg
1週間前と比べるとほぼクリアな水と言えるレベルになりました。

水換えの時も糞や餌の食べ残しが砂利の上に残っていないので
捨てる水がとてもきれいになっています。
使用開始から2週間弱で求める結果が出てくれました。

入手経路がほぼネットオンリー(広島県では)のバクテリアですが
500mlで送料込み760円はとても安く、しっかりと効果も出たので
この弁慶を継続使用してみようと思います。

バクテリア本舗さんでは他にもサムライとかムサシとか別種のバクテリアも販売されているので
次回注文時は別のものを注文して試すかもしれないですし、その気になっています。
と言っても弁慶の500mlですら使い切るのにかなりの期間がかかりそうですがw



 - 参考資料 -
飼育環境
水槽 GEX デスクボーイWH600 (水量約18リットル)
濾過 GEX メガパワー2045
底砂 GEX ピュアブラック
水温 24度前後 (ヒーターとサーモスタットで管理)
薬品 サンミューズ 濃縮PSB (カルキ抜きとして使用)
  (主)ニチドウ メディゴールドIGP沈下性
    (主)吉田飼料 ホワイトミール浮上性
    (副)ヘルシーラブスター
    (副)ビタシュリンプあらびた
金魚 ピンポンパール 4匹(3~4cm)
    琉金 4匹(3~5cm)
    東錦 2匹(5~6cm)



管理人みやっちの別ブログはコチラから↓
みやっちの走食記
みやっちの「Freeliving」ブログ版
ピグスープ公式ブログ
フリーリビング
フリーリビングレーシング「広島ミニバイクレース案内所」

広島ブログ
↑ポチッとしていただきましたら更新の励みになります (゚∀゚)キタコレ!!

Category: アクアリウム(金魚)

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

実家の金魚、ウチの金魚

 【19//2018】

前回の金魚ネタでは実家でも金魚を飼う事になったのを書きました。
その数日後、実家で目にしたのは金魚の不調。
黒出目金が白点病にかかり、他の金魚も少し白点が付いています。
自宅で飼っていれば初期段階で気がついて治療していたんですが
数日ほど見なかった間に一気に感染し、重症化したようです。
飼育開始の時に油断してトリートメントしなかったのがいけなかったのか・・・。

11/28
まずは重症の3匹の黒出目金を隔離し、水温を徐々に28度に上げて0.5%塩水浴。
181128005001.jpg
水中濾過器の作り出す流れに身を任せ、水中を漂う瀕死の黒出目金たち。

重症化してからの治療だったので、残念ながら翌日には2匹の黒出目金が☆になってしまいました。
しかし1匹は回復に向かい始め、ひと安心。

12/1
同じ水槽で飼っていた琉金たちと、生き残った黒出目金は用心のため我が家でしばらくトリートメント。
181201006002.jpg
水温28度で0.5%塩水浴。

数日後、意外なこと?に調子が悪そうではなかった一番小さな琉金が1匹☆になってしまいました。

12/6
181206012003.jpg
病棟隔離水槽の水中濾過器の濾材を純正カートリッジからゼオコール+濾過ウールに変更。

自宅メイン水槽に病気予防のお守りのつもりで塩タブレットを投入。
181206013004.jpg
効果は不明。

12/10
見るからに調子の良さそうな3匹の琉金を先行的に実家の水槽に帰還させました。
181210001005.jpg
もちろん病気の出た水槽ですから入念な洗浄を器具・水槽・底砂と施しております。

その後、残りの3匹も実家へ無事帰還できました。

12/16
自宅水槽の水量アップのために、今のものよりもやや大きめなフレームレススリム水槽を購入。
181216006006.jpg
外部濾過器セットの特売で1500円ほどで買えたんですよ!同じ水槽単品より安かったですw

セットの濾過器は使いませんが、それにしても安くて助かりました。
これで水の量が5リットルほど増えるので水質・水温が少しでも安定してくれたらと思います。
と言いながらすぐには使わないんですけどね。

12/19
近所のドリーム熱帯さんにお邪魔して、病魚が出た際の対策や薬品を教えていただきました。
基本的に塩でOKとの事ですが、塩の中身が問題で、普通の食塩ではなく天然塩を使ってくださいとの事。
さっそく300円/1kgを1袋購入。とても安くて助かります。薬品は当面不要なので買いませんでした。
そして毎度のごとく、金魚の話よりもバイクの話の方が長くなりましたw

その天然塩を自宅水槽に0.5%の濃度になるよう投入しましたが、
金魚のコンディションがワンランク上がった感じ。
琉金の尾びれが少しだけ荒れていたのがあっさりと治りました。
先日投入の塩タブレットでは何も変わらなかったんですけどね。
継続投入はせず、金魚の健康に陰りが見えたらまた使ってみようと思います。

8月中旬からの金魚飼育ですが、2018年末までの状況としては
世羅の道の駅で開催された高級金魚すくいで掬って持ち帰った金魚が17匹、
10月・11月とピンポンパールの最小サイズが1匹ずつ☆になりましたが
病気の兆候はなく、小さいが故の生存競争での敗北(餌がとれなかったか、ストレス)だと思います。
また、水量が少ない水槽にもかかわらず、死魚が予想外に少なかったため
ピンポンパールを4匹、知人に譲りました。
結果、17匹の金魚は11匹となっています。(ピンポンパール5・琉金4・東錦2)

実家の方はゆめタウン廿日市内のひごペットフレンドリーの高級金魚すくいで掬って持ち帰った金魚が9匹、
白点病で2匹の黒出目金と、一番小さかった琉金が何故か☆になり、6匹が残っています。

2019年、金魚たちはどうなりますでしょうか?

管理人みやっちの別ブログはコチラから↓
みやっちの走食記
みやっちの「Freeliving」ブログ版
ピグスープ公式ブログ
フリーリビング
フリーリビングレーシング「広島ミニバイクレース案内所」

広島ブログ
↑ポチッとしていただきましたら更新の励みになります (゚∀゚)キタコレ!!

Category: アクアリウム(金魚)

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る