FC2ブログ
2020 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 06

カテゴリ:アクアリウム(金魚) の記事リスト(エントリー順)

トリートメント終了

 【31//2019】

5月25日に掬ってきて予備水槽でトリートメントをしていた金魚達を本水槽に合流させました。

残念ながら1匹だけ、4日目だったかな?死んでしまったけど
6匹中5匹は元気に合流できました。

先住民の大きな先輩たちに追い回されることもなくうまいこと馴染んでくれたようです。
190531007001.jpg

190531008002.jpg

190531009003.jpg

190531011004.jpg

190531012005.jpg

今は小さいけど大きくなったら過密問題が・・・。
ま、そんときゃそん時でw

管理人みやっちの別ブログはコチラから↓
みやっちの走食記
みやっちの「Freeliving」ブログ版
ピグスープ公式ブログ
フリーリビング
フリーリビングレーシング「広島ミニバイクレース案内所」

広島ブログ
↑ポチッとしていただきましたら更新の励みになります (゚∀゚)キタコレ!!

Category: アクアリウム(金魚)

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

緊急オペ?

 【29//2019】

我が家の水槽の中で一・二を争う武闘派?の白い琉金。
朝食の最中に餌を欲張りすぎたのか、砂利が口から出なくなって意気消沈。
190529001001.jpg
1時間以上、吐き出せずに可哀想になってきました。

実は以前にも東錦に同様なことがあり、その時にやった緊急オペがうまくいったので今回もやってみよう。

水道の流水そのままの水温で濡らしたタオルをベッドにし、掬ったネットをシーツ代わりにクランケを寝かせます。
190529002002.jpg
先端が丸まった子供用プラ製ピンセットでごくごく軽く口中をつつくと砂の向きが変わって口から出ました。

砂を吐き出させたらすぐに水槽に戻します。
190529003003.jpg
大事に至らず良かった~。

気休めレベルかもしれませんが、こんな時も粘膜保護剤は心強い味方ですね。
190209008003粘膜保護
1ヶ月以上経ちましたが変わりなく元気に泳いでいます。



記事にした矢先、またしても約半年ぶりに東錦がやらかしましたよ_| ̄|○
20190707_17095101.jpg
朝の給餌の時は大丈夫で夕方気がついたので数時間はこのままなんでしょう。

20190707_17083302.jpg
パッと見で2つの砂利が確認できます。

琉金同様のやりかたでピンセットでつつきましたがその場では吐き出しませんでした。
しかし水槽に戻すとすぐに吐き出しました。
やはりピンセットで出すというよりは口中の砂利の角度を優しく変えてやるのがキモですね。
20190707_17291203.jpg
憮然とした表情に見えるのは気のせいだろうか?

管理人みやっちの別ブログはコチラから↓
みやっちの走食記
みやっちの「Freeliving」ブログ版
ピグスープ公式ブログ
フリーリビング
フリーリビングレーシング「広島ミニバイクレース案内所」

広島ブログ
↑ポチッとしていただきましたら更新の励みになります (゚∀゚)キタコレ!!

Category: アクアリウム(金魚)

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

狩猟民族の末裔か?

 【25//2019】

気候も良くなってきて、金魚掬いシーズン到来でしょうか。
たぶん冬って金魚掬いシーズンじゃないと思うから勝手に思い込んでいるだけですが。
そんなふうに思っていたら、昨夏に金魚飼育を始めるきっかけとなった
世羅の道の駅でまたまた高級金魚掬いがあるという情報が。
しかし残念ながら今回は日程が休みと合わず。

残念に思いながら近隣でやってないかな?と検索すると
これまた昨秋ではありますが金魚掬いしたゆめタウン廿日市でちょうどやってるようです。
学校が休みの長女に教えると、掬いに行きたいと。
まぁ予想通りの返事ではありますが、父娘デートです。
19052501001.jpg
という事で、今回も高級金魚すくいと銘打たれていますよ。

前回はゆめタウン廿日市二階のひごペットさんのテナント内で開催されていましたが
今回はゆめタウン廿日市一階の中央あたりのイベントコーナーで開催されていました。

今回のルールは1回500円で5匹以上掬ったら3匹持ち帰りOK,掬えなくても2匹もらえるというもの。
前回は1回500円コースは掬えただけ持ち帰り、1回200円コースは何匹掬っても2匹まででした。
なのでまぁ今回はたくさん掬っても激増にはならないのでちょっと安心です。
長女は3年前の自己新記録の12匹以上を狙っていますが今回のポイは5号。記録出したときは6号だったような?

さっそく長女が金魚掬いスタート。
19052502002.jpg
最初の1匹は黒出目金。

私が「次はソレ狙って」とか言って、ソレを忠実に掬っていく長女。
19052503003.jpg
4匹目でポイに穴が開きましたが諦めずに6匹まで数を増やしました。

掬えた数は残念ながら昨秋よりも1匹少なかったんですが、楽しんでくれたようです。
掬ったなかからお気に入りの3匹を選別し、袋にいれてもらいました。

次は私が長女の6匹を超えられるかチャレンジです。
私も黒出目金からスタートし、珍しい感じの柄や色の金魚に目星をつけて頑張りました。
掬っていたら途中でギャラリーのかたが「おおー掬えた」とか面白がって見ていたので
「さっき娘が6匹だったので負けられないんですよ」なんて話たら
「え?娘さんが持ってる袋の金魚、自分で掬ったんだ!」なんて驚いていました。
そんな言葉のキャッチボールをしつつ、やはり5匹ほどでポイに穴が開き
最終的に6匹で終わってしまい痛恨のドローとなりました。

たぶん純粋に数だけを目標にやれば倍ぐらいは掬えそうな気もするんですよねぇ。
なにせ狙った柄や色の金魚をしつこく追うのでポイの痛みが早いんです。
でもやはり飼うなら気に入った金魚が良いですもんね。

私も気に入った3匹を選別し、小袋に入れてもらったんですが
上のひごペットに行けば大きい袋に入れ替えて酸素も入れてもらえますよと教えていただきました。

さっそくひごペットさんに移動し、金魚入れ替えと酸素注入をしてもらいました。
19052504004.jpg
袋の✕印はたぶん支払い無しの記号なんでしょうね。

自宅に連れ帰って予備の30cm水槽でトリートメント。
19052505005.jpg
とりあえず0.3%濃度の天然塩水に規定の70%ほどの濃度のアグテンで様子見。

エアレーションはGEXのコーナーフィルターF1を使い、濾材は汎用ウールを詰めただけの簡易バージョン。
19052506006.jpg
赤系と黒系を混泳させると思ったとおり見栄えが良いです。

19052507007.jpg
黒出目金以外は全部琉金なのか、東錦が混じっているのか?

一番左は東錦なのかな?左から2番目はちょっとメタリックな感じで綺麗です。
19052508008.jpg
右側の赤系の2匹、個人的にあまりみかけない赤ベースに大柄黒斑と赤ベースに粉状黒斑

自宅に12匹と実家に5匹の金魚が居て、そのうち掬ったのが15匹、買ったのはたった2匹です。
金魚屋さんで買うのはもちろん文句なく気に入った金魚を入手できますが
金魚掬いでも気に入った個体を選びながら掬うことができますし、
なによりそうして闘いながら?自宅に連れ帰るのでなんとなく強い絆や縁が生まれる気がして
私は金魚掬いの金魚を飼育するのが趣味になってしまいました。
娘も掬うのが好きなので一石二鳥的な?

飼う以上は少しでも長生きできるよう愛情込めて頑張ろうと思います。
しかしさすがに超過密水槽になるよなぁw

管理人みやっちの別ブログはコチラから↓
みやっちの走食記
みやっちの「Freeliving」ブログ版
ピグスープ公式ブログ
フリーリビング
フリーリビングレーシング「広島ミニバイクレース案内所」

広島ブログ
↑ポチッとしていただきましたら更新の励みになります (゚∀゚)キタコレ!!

Category: アクアリウム(金魚)

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

消耗品

 【09//2019】

ここのところ金魚のコンディションに問題はなく、定期的な水替えのみで楽な状態になっています。
水替えは概ね2~3日に1回、バケツ1杯(約5リットル)だけ替えていますが
水槽の容量がだいたい23リットル程度だと思われるので2割程度替わることになります。

水替えといっても人それぞれで汲み置いた水を使われる方もいらっしゃいますが
私はガス給湯器で水温合わせした水にカルキ抜きを入れて中和しています。
そのカルキ抜きは今までは光合成細菌が入っているサンミューズ濃縮PSBという商品を使っていましたが
少し前からバクテリア本舗のバクテリア弁慶を使い始めたので
光合成細菌の入っていないカルキ抜きを使って純粋に弁慶だけの能力を試したいと思い商品チェンジです。

今回チョイスしたカルキ抜きは金魚の吉田ブランドの濃縮安全カルキ抜きです。
190209006001.jpg
このブランドの商品は矢賀のロイヤルホームセンターにあるのがわかっていたので買いに行ってきました。

この商品の特徴はハイポを使用していない、安全な塩素中和剤という事です。
一般的なカルキ抜きで問題が起きたことがないのでどこでも入手できるものでも良かったんですが
少し前に購入した同ブランドの持続性粘膜保護が良かったので選んでみました。

190209008003.jpg
という事で、金魚の吉田ブランドが2商品となりました。

さっそく使ってみましたが、もちろん問題は起きませんでした。
使う量も少ないのでコスパは良いのではないでしょうか?

ついでにと言っては何ですが、実家から餌がそろそろ無くなりそうなので買っておいてという事だったので
これまた今与えている餌に不満はありませんが、与えたことがない餌を買ってみました。
190209007002.jpg
GEXプロバイオパワーフード沈下性(70g)です。

190211003004.jpg
余談ですが金魚の餌のパッケージって私の朝食シリアルっぽいんですよねぇ・・・。

実家で与えているニチドウメディゴールドIGP沈下性との比較。
190209009005.jpg
左 : GEX 、 右 : ニチドウ 。GEXの方が小粒で色が濃いですね。

試しにウチの金魚に与えてみましたが、我先にと激しく奪い合いながら食べまくっていました。
まぁ何を与えても似たような動きではありますが・・・。

食べっぷりを動画にしてみました。


目新しい違う商品を導入するのは楽しいですね。

管理人みやっちの別ブログはコチラから↓
みやっちの走食記
みやっちの「Freeliving」ブログ版
ピグスープ公式ブログ
フリーリビング
フリーリビングレーシング「広島ミニバイクレース案内所」

広島ブログ
↑ポチッとしていただきましたら更新の励みになります (゚∀゚)キタコレ!!

Category: アクアリウム(金魚)

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

水泡眼と頂天眼の状況

 【07//2019】

 ※前回からの続きです

8月から開始の金魚飼育では、全ての金魚が掬ってきたものだったんですが
順調に推移してきたことから増員を決めて伊藤養魚場さんで購入する事にし、
水泡眼と頂点眼を迎え入れました。

伊藤養魚場の先代のオヤジさんによるとトリートメントは特に必要ないとの事だったので
水合わせをして自宅本水槽に新たな2匹を合流させたところ
東錦による手荒い新人かわいがりの洗礼に遭い、ヒレがボロボロにされてしまいました。
そこで急遽、30cmの隔離病棟を設置して水泡眼と頂天眼のヒレの治療をすることに。

 1/26
まずは天然塩を使用した0.5%塩水浴と
万全の治療を目指し病魚治療薬のアグテンを購入し、念のために規定の70%の濃度になるよう投入。
これで3日間の塩水+薬浴を施し、その間に回復用給餌として微量のメディゴールドIGP(沈下)を与える。
中から外から回復作戦ですね。

 1/28
2日経過し、50%の水替えをしました。塩もアグテンも追加していないので濃度は半分に。
190127020001.jpg
外掛けフィルターの上のバクテリアボトルは蓋の共振音対策のオモリですw

 1/29
薬浴というよりも、粘膜やヒレを保護できるものはないかとネット検索し
金魚の吉田というブランドで持続性粘膜保護という商品を発見。
広島での入手経路はネットになりそうでしたが、
しつこく調べたら矢賀のロイヤルホームセンターであればもしかしたら在庫があるかも?

190129002002.jpg
という事で、久々に伺ってみましたよ。

ペットコーナーのアクアリウム用品コーナーにシリーズ商品がありました!
190129001003.jpg
しっかりと目立つようにコーナーが作られているから店舗が推しているのかな?

190129010004.jpg
さっそく購入し、規定量の投入です。

治療開始から3日、感染症などにかかることもなく、少しヒレの再生が始まっています。
190129011005.jpg190129015006.jpg
この状態から粘膜保護が効果を発揮して早期回復してくれれば良いんですが・・・。

これより2日に1回、50%水替え+粘膜保護の規定量投入を続けます。
給餌は変わらずメディゴールドIGP(沈下)を微量です。

 2/5
粘膜保護投入から1週間、2匹ともヒレの回復具合は上々です。
190205002007.jpg190205004008.jpg
頂天眼は完全回復しました。水泡眼もヒレのバサバサ感が解消し、かさぶたみたいに黒くなって整いました。

という事で、2匹の新入りをメイン水槽での飼育を再チャレンジする事に。

準備として、メイン水槽の先住民でサイズの大きい方から4匹、ビッグ4を隔離。
190205020009.jpg
もちろん主犯の東錦が含まれています。

水泡眼と頂天眼をメイン水槽に。
190205019010.jpg
先住民は穏やかな性格?のピンポンパール4匹と小さな琉金2匹。

 2/6
1日経過して、隔離していたビッグ4をメイン水槽に戻してみました。
190206006011.jpg
今度は逆にビッグ4達が新入り状態ですね。

190206007012.jpg
この作戦が功を奏し、お互いが干渉することもなく平和なコミュニティタンクとなりました。

190206008013.jpg
加害者被害者がそばにいても何も起こりません。

 2/7
更に1日経過。
190207002014.jpg
全12匹が仲良く暮らしています。

という事で、2週間弱で思惑通りの飼育状況となりました。

今回はダメージを負った2匹の回復も思いのほか早かったですし
同居作戦も1回でうまくいって、できすぎ感がありますね。

偶然なのかもしれませんが、購入した持続性粘膜保護も良い仕事をしてくれた気がします。

管理人みやっちの別ブログはコチラから↓
みやっちの走食記
みやっちの「Freeliving」ブログ版
ピグスープ公式ブログ
フリーリビング
フリーリビングレーシング「広島ミニバイクレース案内所」

広島ブログ
↑ポチッとしていただきましたら更新の励みになります (゚∀゚)キタコレ!!

Category: アクアリウム(金魚)

Comments (4) | Trackbacks (0) | トップへ戻る