2017 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 05

カテゴリ:レース の記事リスト(エントリー順)

2017 お雑煮耐久レース参戦記

 【02//2017】

昨年に引き続き、新春恒例の松山オートランド・お雑煮耐久レースに参戦。

このレースは毎年1月2日に行われるハンデ戦なんですが
スタートの時にカップ麺を渡され、ヨーイドンでカップ麺を食べ始め、
完食したチームからスタートできるという特別ルールが採用されています。
ハンディキャップは使用車両によって調整されます。

今回は2台体制で挑みました。広島から1台だと寂しいから良かった(*^^*)
170102001001.jpg
4サイクルチームと2サイクルチーム。

バイクは2台でライダーは7名。
4サイクルにはマシンオーナーのタケチャンマンさん、DANさん、私が確定。
2サイクルにはマシンオーナーのかじゆき選手、piro選手が確定。
シェンプラス師弟コンビで話し合い、4サイクルにるぁッシー選手、2サイクルにしぇんさんが乗ることに。

練習走行、時間がわからないので適当に。
DANさんが最初に数分乗りるぁッシー選手に繋ぎ、
私に代わって2周でチェッカー。
練習できてない・・・。
もう1台の方も、しぇんさんは1周しか走れなかったそうでw

慌ただしくスタート進行。
グリッドは早いもん勝ちですが、カップ麺があるからあまり関係ないですね。

スタートの模様は動画で。


地元の南海放送がTV撮影しています。
170102022002.jpg
スタートライダーの私はタケチャンマン選手が完食するのを待ちます。

170102020003.jpg
もう1チームのpiro選手の完食が早く、かじゆき選手スタート!

170102025004.jpg
タケチャンマン選手、昨年より手こずりましたが完食で私がスタート!

170102030005.jpg
走り始めたらあとは頑張るのみ。

スタートから15分ぐらいを目標に走り出しました。

この動画が終わった少し後、最初のアクシデント。

徐々にペースが掴めてきた頃に最終手前の左ヘアピン侵入で
後続車両にリアタイヤをヒットされ転倒。後続も5台ぐらい転倒してて地獄絵図。
マシンはエンジンはかかったままですが、左ステップとシフトペダル損傷。
自分の体は左肘の痛みと・・・燃料タンクで痛打した股間が痛い!
とりあえず緊急ピットイン。

ステップ周りの修理を終え、時間的に交代のタイミングっぽかったんで
2走はるぁッシー選手に頼みました。
170102032006.jpg
かじゆき選手と並走のるぁッシー選手。

遠慮気味なるぁッシー選手と溢れんばかりの闘志のかじゆき選手の動画。


るぁッシー選手、狭くて不慣れなコースに多めな台数で心身共に削られたか
思ったより早めの交代の合図。

170102043007.jpg
ベテランのタケチャンマン選手に交代。

170102064008.jpg
その頃コース上ではこんなシーンも(*_*)

170102065009.jpg
大事には至らなかったようでホッとしました。

170102082010.jpg
piro選手とタケチャンマン選手が集団に。

170102085011.jpg
タケチャンマン選手のライディングは安心して見ていられます。

順調に時間を消化し、アンカーポジションにDANさん。
170102093013.jpg
世界の東選手に追いすがります。

ロスマンズ・ホンダとマルボロ・ヤマハの戦い!ラッキーストライク・スズキで乱入したいです。
170102104013.jpg
#1はしぇんさんの知り合いの方かな?

170102109012.jpg
piro選手も徐々にコースに慣れてきたかな?

170102121013.jpg
コチラの選手、頻繁にウィリーして場内を沸かせていました。

170102127014.jpg
他のチームとの接触でヒヤリだったDANさん。押し出しでホームストレート逆走になったとか。

各ライダーの1巡目が終了し、2巡目に入ります。
私の2巡目は順調そのもの。
多少の痛みはありますがライディングには影響なし。

この枠ではもう1チームでは大将格のしぇんさんが満を持してライディング。
ところが、しばらく走っているとしぇんさんが近づいてきます。
不慣れなコースにペースが上がらないのか?

しぇんさんに近づき、ましてやオーバーテイクなんてチャンスは無いに等しいので頑張って詰めます。
あと少しのところで
・・・
・・・
しぇんさん転倒に巻き込まれてハードにクラッシュ!
カウルが砕け、心も砕けたようです(T_T)

気を取り直し、引っ張れるだけ引っ張って、るぁッシー選手に交代。
170102132015.jpg
1巡目より活きが良さ気だったるぁッシー選手。
今年はCBRカップに挑戦するとか?頑張れ!

170102195016.jpg
活きが良すぎるかじゆき選手は最終コーナーでスリップダウン。

170102199017.jpg
スタート時とは変わり果てた姿のかじゆき号。

170102201018.jpg
ステップが逝っちゃってますね。

170102206019.jpg
修復が済んでpiro選手に交代。

170102223020.jpg
ランデブーな2台。

順調だったコチラのチームにトラブル。
170102226021.jpg
オイルキャッチタンクが落ちてきてリアタイヤとフェンダーの間にはまったらしく、タイラップで応急処置。

タケチャンマン選手からDANさんに交代。
170102254022.jpg
前を行くは原田哲也カラー。かつてTZMで戦っていたDANさんにはどう映る?

piro選手ピットイン。
170102259023.jpg
心が折れたしぇんさんは走らず、かじゆき選手に交代。

残り時間は20分ほど。
DANさんから交代の合図があり、私がチェッカーを受けるべく走ることに。
170102277024.jpg
7~8年前はいつも二人で耐久に出ていましたね。

170102286025.jpg
いつもより上体をイン側にねじ込む昔スタイルで走ってましたが写真じゃわからないですねw

170102287026.jpg
色々なマシンと混走なので抜きどころやライン取りを考えながら走行。

170102292027.jpg
4サイクルは年に数度しか乗らないけど、タイトコースにはとても具合がイイですね。

170102302028.jpg
#1のマルボロヤマハをロックオン。

アチラの方が少しペースが良いのはわかっていましたが
ラップ遅れが多いため、けっこう付いていけます。
何周か張り付いたままレースは残り10分ほど。

最終コーナーで#1さんと私の間にいた#62さんがハイサイド!
直後の私も釣られてハイサイド!!
転倒こそ免れるも、ロデオ状態のマシンの燃料タンクでまたしても股間を痛打(+o+)

1日に二回も同じ箇所にダメージがあると、どうにも我慢できません(~_~;)
しかも今回は竿だけではなく玉まで・・・(。>﹏<。)
腹痛まで伴い、緊急ピットインの合図を。


その時のピットでの「誰が行くか」の音声が緊急事態を物語る?

最後、タケチャンマン選手がスクランブル発進でチェッカーを受けてくれました。

3時間走りきれて良かった~(^o^)

170102305029.jpg
満身創痍のかじゆき号。

170102308030.jpg
見た感じは何事もなかったかのようなタケチャンマン号。

170102312031.jpg
総合15位(32台中) 247周(ハンデ掛け率周回251.94周)

170102313032.jpg
総合21位(32台中) 249周(ハンデ掛け率周回234.06周)

170102315033.jpg
じゃんけん大会で賞品ゲットのDANさん。

170102317034.jpg
piro選手もじゃんけんで勝ちました。

170102319035.jpg
更には決勝でしぇんさんとかじゆき選手がタイマンで、しぇんさんに軍配。

こうして広島(長崎)から遠征の走り初めは終了しました。
いつもは主催者側だったりする事が多いので
純粋に走って遊ぶだけっていうのはとても気分が楽ですね^^

一緒に走ったチームメイトの皆様、お疲れ様でした。
また、他チームの皆様、主催者様、スタッフ・ヘルパー・マスコミの皆様、ありがとうございました。

 正式リザルト
 ※ 主催者様のブログにリンクしてあります

 写真集



オマケ

今回はフロントタイヤはDANさんが愛用しているダンロップのTT93GPでしたが
リアは初めてシンコーのR003(ミディアム)を使ってみました。
170102002000.jpg 昔のR003ミニ
参考までに昔のヨコハマゲッター003ミニとの比較。(画像が荒くてスミマセン)

シンコーR003後2 シンコーR003後1
3時間走った後の状態。

練習枠1本目、DANさん7分ぐらい走行?
冷間時  フロント:TT93・・・1.5k  リア:シンコー003・・・2.0k
路面がバンピーなのでリアの003を温間でコンマ1下げ。

私レベルであれば問題なく遊べるタイヤでした。
フロントも試す価値アリですね。
価格破壊ともいえるタイヤなので安いうちに買って
タマダ等の路面とのマッチングなんかも試したいところ。

管理人みやっちの別ブログはコチラから↓
みやっちの走食記
みやっちの「Freeliving」ブログ版
ピグスープ公式ブログ
フリーリビング

広島ブログ
スポンサーサイト

Category: レース

Comments (6) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

勝手にGP シェンプラスカップ その2

 【24//2016】

前回からの続きです。

スプリントが終わり、既にヘロヘロで昼食も受けつけない状態。
本来のメインイベント、バーベキューの肉を一切れも食べられません。

そんな状態で耐久のスタート時間が迫ります。
そしてこんな状態の私にスタートライダーしろと若い二人から任命され
スタートしか見せ場がないんだからと自分に言い聞かせ、重い腰をあげる。

スターティンググリッドは34チーム中34番目。つまり最後尾。
失敗しても抜かれる心配がないうえに、どれだけ抜けるかチャレンジのし甲斐もあります。
ヒサオカさんには1周目、何位で帰ってくるかカウントをお願いし、グリッドに並ぶ。
160724t001.jpg
保持してくれるのは前回のタカタでも組んでもらったフマさん。

マシンの反対側に整列し、1分前ボードが下がってからはシグナルを凝視。
そして・・・レッド点灯から・・・
ブラックアウト!

スタートです。
160724t002.jpg
画面左端の一番ちっこいのが私ですが、良い飛び出しです!

160724t003.jpg
前の車両たちもエンジンが掛かり、盛大に溢れてくるので白線ギリギリを走行。

160724t004.jpg
全日本経験者の風人さん(#24)も見えます。

160724t005.jpg
背後には岡国や鈴鹿でも速いたっくんの姿もチラリ。

160724t006.jpg
セカンドグリッドスタートのフジホン・サボさんも抜いちゃったようです。

160724t007.jpg
まぁコレはサボさんがスタートをミスったという事でしょう。

で、結局1周目は7位で通過したと、あとからヒサオカさんに教えてもらいました。
27台抜き、気持ち良いですね^^

160724t008.jpg
序盤、ポールポジションのH川君(#18)の姿をロックオン。

160724t009.jpg
前は風人さんにH川君にサボさんと、ニンジンとしては上等すぎますね。

スタートからイッパイイッパイに飛ばしているのでH川君だけはなんとか抜くも
スプリントで疲弊し、昼食も摂れないほど衰弱していたのですぐにミスって抜き返され
あとはもう持ち時間を転けないように消化していきます。
スタートさえ決めれば私の仕事は完遂したと言えるでしょう!

160724t010.jpg
たっくんには無条件降伏ですよ。

160724t011.jpg
早くピットからサインでないかなぁ・・・。

病人なうえに衰弱してる私に気を遣い、20分で交代してくれた優しいチームメイト・フマさん。
160724t012.jpg
チーム内では長時間パートを担当してくれました。

3番手は最年少にして紅一点の、るぁッシー。
160724t013.jpg
1年目のキレた走りはどこへ・・・。

各ライダー1巡し、私の2走目。
160724t014.jpg
いつも私が陣取って写真撮ってる場所から「ニコラス毛イジ」ことテツさんが撮ってくれました。

160724t015.jpg
なんかワープしてるみたいでお気に入りな写真。

今回も20分を消化し、ピットからサインが出たっぽい。
ん?ホンマにアレはインのサイン??
などと呆けて1コーナーから2コーナーへ。
そしてそこでまっすん選手と・・・。
以下自粛!

車輌は左側の損傷で、クラッチレバーもステップもお亡くなりになってました。
タケチャンマンさんは通過時に二度見して行くしw

あくまでも冷静に、2速に入れて押しがけでエンジン始動、そのままステップとクラッチ無しで
3速走行でピットまでノロノロ運転。クラッチ無いのは良いけどステップ無いと乗りにくいですね。

なんとかピットにたどり着き、一旦車輌を戻して緊急手術。
ヒサオカさん、ありがとうございます!

残り時間の関係で、チェッカーまではフマさんにお願いしました。

なんとかかんとか完走となりましたがピットインの時間が長かったため
34チーム中29位と沈んでしまいました。

まぁエンジョイチームなんで順位は良いんですが
走行時間が1枠分なくなったるぁッシーには申し訳なかったです。

こうして真夏のWエントリーレースは閉幕となりました。

終わってない方々もいましたけどね。
160724t018.jpg
暑いなか走って、終わってからも食べられる超人的な方々。

当日参加されました選手・スタッフ・ヘルパー・ギャラリーの皆様、お疲れ様でした。

今回は慣れない主催・共催業務でなにかと不手際が多かったにもかかわらず
「楽しかったよ」と嬉しいお声をたくさんいただきました。
今回の経験を活かし、次があればより良いイベントにできるよう頑張りますので
またの参加、よろしくお願い致します。
フリーリビングレーシング代表・宮田

管理人みやっちの別ブログはコチラから↓
みやっちの走食記
みやっちの「Freeliving」ブログ版
ピグスープ公式ブログ
フリーリビング

広島ブログ
↑この記事のランキングに反映されます

Category: レース

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

勝手にGP シェンプラスカップ

 【24//2016】

「TSタカタサーキットで2輪が走れなくなる」という一報が3月に届き
それを告知する辛い立場でもあったわけですが、4月から水面下では色々な動きがありました。
そして迎えた夏本番、そのTSタカタサーキットでミニバイクレースが開催されました。

開催にあたっては多くの方々の協力があり、
微力ながら私も共催というかたちでお手伝いさせていただきました。
今回のイベントの主催を務めたシェンプラス代表の今西選手も本当に大変だったと思います。
色々な部分で不手際が生じましたが、参加されました皆様のおかげで
楽しいイベントになったのではないかと思っています。

当初は完全に裏方のつもりでいたんですが、前記事のタマダでの打ち合わせの頃より
選手としての色気?も出てきた次第で、あろうことかスプリントと耐久のダブルエントリーです。
エントリーに関しては、家族(嫁さん)の理解がなければ無理というのは
私の過去から現在までをご存知のかたなら当たり前のような事ではありますが
最近の病状を哀れんでか、奇跡的に参戦の許しが出たので「無理しない範囲」と
念を押されてのダブルエントリーです。嫁さんに感謝です。

という事で、実戦に向けての前日準備は、車輌に関してはシェンプラスNSRに乗せてもらうので
シェンプラスに在庫がなかったフロントタイヤを調達して予備ホイールに組み込み
あとは当日のメインイベント?「フジホンフリーリビング合同バーベキュー大会」の食材調達。

レース当日、3時半起床で4時出発といつもより2時間早い行動。
5時にサーキットに着くも、前日入りの皆様はまだオヤスミモード。
6時頃から徐々に起床されるかたも出始め、当日入りの方たちもサーキットに現れ始めました。

7時過ぎの受付開始からブリーフィング・車検等、とにかく慌ただしく
あっという間に朝イチ公式走行の時間。
自分でイベントのタイムスケジュール組んでいながらバタバタでした。

タイヤは前後とも中古のままでウォーマーも使わずコースイン。
路面改修されたタカタを走るのははじめてですが、とても素晴らしい。
中古タイヤで朝イチで久々で、でもまったく滑る気がしません。
ギャップのない舗装って良いですねぇ。

その後フリー走行1本目と2本目は耐久のチームメイト・フマさんとるぁッシーが走行。
スプリント予選直前、時間の都合でフロントタイヤのみ新品交換で私がコースイン。
最初の周は皮むきで、残り8分ほどのアタックとなります。

予選は7ラップできたようで6ラップ目が自己ベスト。
タイムとしてはクラス10台中3番手、フロントローを確保したものの
前2台は1秒チョイと2秒弱離れていて、後ろは3台ほど、コンマ数秒に犇めき合っています。
スタート決めないとしんどいなっていう感じ。
常日頃からスタートが得意と吹いているので尚更失敗は許されません。

決勝直前、ギリギリでリアタイヤの交換が間に合う。タケチャンマン選手、ありがとうございます!
そしてサイティングラップで皮むき。
久々のスプリントのスタートに緊張感が高まります。
シグナルを凝視し、アドレナリン全開!

レースの模様は動画で^^

カメラ:自前 / 撮影:るぁッシー

160724s00101.jpg
スターティンググリッドの真後ろはNSRではEXPのKein選手が新車のGROMで待機中。

160724s00202.jpg
スタートの瞬間。

160724s00303.jpg
クラッチミートバッチリで中庭選手に並びかける。

1コーナーにはPPの有吉選手に並びかけるもアウトから被せられて引き気味に。
2コーナー進入では中庭選手のアタックでラインが膨らんでpiro選手にまで差されるという体たらくw
ま、嫁さんから「無理しない範囲」と言われてるしね^^

3コーナー手前のストレートエンドでpiro選手に先行し、中庭選手の背後につく。
後方では4stの野太いサウンドが聞こえるのでKein選手も近くにいそう。

160724s00404.jpg
やっぱ居るよね~w

ラップごとに1位2位は離れていき、3位キープって感じ。
4位以下も撃ち合いやってるようでボッチな展開。

前後がバラけて緊張感が薄れたか、急激に疲労感が出始めた中盤、
6周目あたりでしょうか、シフトミスからオーバーランしかけてかなりロス。
一気に前が離れて後ろに引っ付かれてしまいました。

160724s00505.jpg
やっちまったなぁ~><

そしてついにまっすん選手にホームストレートでかわされてしまい
あとはもう付いて行くのが精一杯。
9周目に最後の意地で本日の自己ベストも追いつくには至らずで
そのまま総合4位/クラス3位でフィニッシュ。

3位表彰台でシェンプラス商品券ゲット!
160724t016006.jpg
自分で決めた各順位の賞品を自分でいただいてしまい、すみませんでした。

俺を抜きやがってコンチクショー! ではなく、おめでとうって事ですよ^^
160724t017007.jpg
スタートが良いのはレースだけじゃないんです。

耐久専門になって数年ですが、スプリントでの体力の足りなさに呆れてしまいましたね。
でもあの緊張感、たまには良いもんですね♪

参戦されました皆様、お疲れ様でした。

耐久のレポートは次回にでも・・・。

写真提供:白井選手

管理人みやっちの別ブログはコチラから↓
みやっちの走食記
みやっちの「Freeliving」ブログ版
ピグスープ公式ブログ
フリーリビング

広島ブログ
↑この記事のランキングに反映されます

Category: レース

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

お雑煮耐久レースに参戦

 【02//2016】

例年であれば寒いからとバイクはシーズンオフを決め込む私ですが
ここ2年ほどは正月に原付ツーリングに参加しています。
今年はツーリングか、はたまたレースかと選択肢があるなかで
チームメイトのタケチャンマンさんから「レースに出ましょう!」とメールが着弾。
意外な選択に嬉しいような悲しいような?いや、嬉しいな^^

出場するレースは愛媛県は松山市にある松山オートランドでの新春恒例
「お雑煮耐久レース」です。
このレース、スタート時に餅入りカップうどんを完食しなければスタートできない変則ルールで
もちろん汁まで完璧に飲み干さなくてはなりません。
しかも3時間のレースでコースは狭くてストレートも短かく休みどころのない過酷なレース。

こんなレースにオッサン2人では完走も危ぶまれます。
という事で、近所の未成年女子ライダー・すずPABOちゃんに出場を打診するとOKの返事。
彼はどう?と聞くと最初は無理という返事でしたが前夜になって行けるとなったので
合計4人での万全な体制となりました。

急遽の参戦決定でしたが元日から営業のシェンプラスさんで新品フロントタイヤ(みかん付)もゲット。
朝が早いので元日夕方にタケチャンマンさんに荷物を託す。

迎えたレース当日早朝、5時半頃にすずPABOちゃん宅を出発!
山陽道→しまなみ海道→今治から一般道と走って8時半頃に松山オートランド到着です。

うーん懐かしい。懐かしすぎる。
松山オートランドを最後に走ったのは1993年10月の3時間耐久レースなので
22年3ヶ月ぶりという事になります。
IMAG0411001.jpg
当時は若くて元気だったのでK松君と2人で走って、16台中4位と、ギリで表彰台を逃したんでした。

到着して程なく、このコースから世界に羽ばたいた、玉田誠選手登場。
1601020001000.jpg
稔君の先輩ですね。

車検が終わりいきなり本番を覚悟していたら練習枠があるとの事で、
私以外のチームメイトは初のコースなのでとりあえず5分ずつ走ってもらいました。
最後、時間があったので私も22年3ヶ月ぶりに走り、5分ほどでチェッカー。
丁度よい配分でした^^

フリー走行も終わり、いよいよスタート進行。
1601020001001.jpg
今日はこの4人で走ります。すずPABOちゃんデカすぎw

1601020008002.jpg 1601020010003.jpg
本部ではカップうどんがずらり。      そして湯が入った状態で渡されます。

スタートの模様は動画で!

MCのおっちゃんの喋りがオモロすぎw

1601020011004.jpg
食べ終わったチームからスタートできます。

タケチャンマン選手、啜ります。       そして汁を飲み干します。
2016お雑煮耐久スタート_Capture001 2016お雑煮耐久スタート_Capture_1002
完食!
2016お雑煮耐久スタート_Capture_2003
素晴らしい喰いっぷりで24チーム中4~5番手ぐらいでスタートです!

スタートライダーはかじゆき選手。
1601020022005.jpg
今回のチームでは最速ですからエース格です。
最初は慣れないコースに手探り状態でしたが危なげなく15分を消化。

2番手は最年少のすずPABO選手。レースデビューから4ヶ月チョイです。
1601020068006.jpg
いきなり世界の東選手と走れるなんて、ラッキーですね!
根本的にレース慣れしていないので、まずはコース内にとどまる走りで15分消化。

3番手はマシンオーナーのタケチャンマン選手。
1601020142007.jpg
うどんを食べたばかりですが4サイクルマシンではキレが違います。
ベテランの味で好ペースをキープで15分消化。

ローテーションの最後は私。
1601020153008.jpg
集団の中ほどで前方を窺っていましたが2台前が転倒!
前走者と一緒にジャックナイフで回避!! リアが浮いてますw タケチャンマン選手ナイスショット^^

その後も直前のマシンが転倒!
1601020153009.jpg

1601020153011.jpg

1601020153012.jpg

1601020153013.jpg
滑る瞬間がわかったため立ち上がりでややペースを落としイン側へ逃げたので巻き込まれずに済みました。

波乱は多かったですが無事に15分を消化し、かじゆき選手に交代。
2本目ともなるとある程度コース攻略の組み立てができるのか、良いペースで走ります。
若いからもっとイケるんでしょうけど初心者や中年も居るので15分で交代。

以下、2本目は動画レポ

すずPABO選手2本目。


タケチャンマン選手2本目。


みやっち2本目。


かじゆき選手3本目。


すずPABO選手、ラストの3本目は体力的にキツイようで10分で交代。
ここでタケチャンマン選手の予定ですが、コース上には東選手が。
1601020336015.jpg
私の希望で走行枠を前倒しさせてもらい、私が緊急出撃。


タイミングが良さそうでしたがすずPABO選手がピットインでエンストさせてしまい
エンジン始動中に東選手は前に行ってしまいました。
諦めず追うも1秒/周ぐらい離されてる感じ。遅いライダーに引っかかると差が詰まりますが
それは私にも言えることなので大きく差が詰まることなく東選手は交代のピットイン。
そしてスパートが影響したのか私はお約束?で足が攣り、ピットに懸命の合図w
タケチャンマン選手は察してくれたようですぐに交代の準備をしてくれました。
長年組んでると伝わりますね~w

私が5分しか走れなかったのと、すずPABO選手も5分短かったので残りはまだ30分あります。
タケチャンマン選手は20分頑張ってくれるそうです!

うどんを一気食いし、5分余分に走って、カープの男気黒田ばりの活躍!

他チームに目をむけるとこんなシーンも。
1601020336014.jpg
接触でもあったのか、手で謝る選手と大丈夫と合図を送る選手。
こういうのはとても良いですね。

レースは残り10分でアンカーにはかじゆき選手を送り込みます。

疲労を感じさせない好走で無事チェッカー。

1601020414016.jpg
優勝したわけでもないのに何故か万歳w こういうの好きです♪

1位から3位まで発表され、後は着順で全チームに賞品が渡されます。
1601020418017.jpg
現状で着順は不明ですが真ん中あたりだと思います。

※1/6主催者発表のリザルトはコチラ

女性ライダーにはもれなくプレゼントが!
1601020420022.jpg
チェッカー後、つなぎを着替えていないのが条件だそうです。

最後は生名ばりの全員参加の賞品争奪じゃんけん大会。
1601020426018.jpg
東選手が相手でした。

こうして初参加のお雑煮耐久は無事終了です。
1992年にコーラ一気飲み耐久は出た事があったので、
これでやっと松山オートランドを走り切った気分です。

参加されました選手の皆様、スタッフの皆様、お疲れ様でした。
前日夜、今治からコースまでの道を教えてくれた松山在住の同級生のヤナちゃんもありがとう^^

おまけ
ドラちゃんコーナー
1601020418019.jpg 1601020418020.jpg 1601020418021.jpg

写真コーナー
当日の写真はコチラから

管理人みやっちの別ブログはコチラから↓
みやっちの走食記
みやっちの「Freeliving」ブログ版
ピグスープ公式ブログ
フリーリビング

広島ブログ
↑この記事のランキングに反映されます

Category: レース

Comments (7) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

走り納めは生名の耐久

 【13//2015】

早いもので今年も12月。
先日今季の開幕と思っていたらあっという間に最終戦です。

レースの走り納めは今季は生名の耐久にしました。
開幕も生名でしたから、なんとなくキチッと〆る感じでw

一緒に参戦してくれるライダーはタケチャンマンさんとヒデジさんの
フリーリビングレーシングのチームメイト。
車両はタケチャンマンさんのNSRです。

生名の耐久は午前中にたっぷりと練習枠があります。
タケチャンマンさんとヒデジさんが乗ってみて、
フルブレーキングでフロントに振動が出ると言っています。
フォークか?あるいはブレーキ?
とりあえず決勝用に組んでたフロントセットに組み換えて
ディスクローターが変わったらどうなるか検証。
結果、直ってないらしい。

とりあえずここで私が本日初めて乗ってみましたが
私が不感症なのか、まったく気になりません。
まぁハードブレーキングができてないだけかもしれませんがw
そして何故か今更ですが生名の自己ベストを更新!
もちろん公表できるようなタイムではありませんがw

フロント周りは気になりませんでしたが私にはショートすぎる気がしたので
リアを1丁ロングにしてもらいました。
タケチャンマンさんは乗りにくくなったそうで、ヒデジさんはどっちでもといった感じ。
チーム内で私が1番時計だったので、私のセットで決勝を挑むことになりました。

決勝はエントリー順で、15チーム中10番目。
スタート担当は私。

スタートの模様は動画で。


スタート失敗してますね。
それでも1周目は2つぐらい順位上げたのかな?
1512130001001.jpg
数周走ってKSRのテツさんに追いついて仕掛けたら
やる気満々な感じだったので一旦引いてから組み立てなおそうとしましたが
体力が尽きてしまいましたw

10分ぐらいでヒデジさんに交代です。
1512130013002.jpg
2週間前のスプリントでコケた影響はどうか?
ちょっと抑え気味にも見えましたが無事に予定終了で3番手・タケチャンマンさんへ。

マシンオーナーですから安定感抜群。
1512130063003.jpg
でも4ストの時ほどタイムが伸びないようです。
スプロケがロングで乗りにくいのでしょうね。

この3人のローテーションで2時間走ります。
私の2回目も無難に終わり、ヒデジさんの2回目で車両トラブルが。
1512130079004.jpg
エンジン回転に問題ありという事で、たちまちキャブのOH。

タケチャンマンさんとゼウスが何故か楽しそう。
1512130113005.jpg
ゼウスは重鎮コンビのカウンター係です。

ヒデジさん。2週間前の再現?でもないけど最終コーナーで転倒。
1512130159006.jpg
すぐに起きて走り出しました。

ライダー交代時に損傷の確認かな?
1512130161007.jpg
特に問題はなかったと思われます。

タケチャンマンさんは終始安定志向で。
1512130177008.jpg
そういえばツナギがお古の方ですね。

ゼウスは重鎮チームの燃料補給。
1512130190009.jpg
4ストは混合にしなくて良いから楽ちんですね。

私の最終枠。
1512130204010.jpg
何を気にしているんだっけ?

途中でエンジンが吹けなくなってダメか?と思ったら息を吹き返しました。
1512130205011.jpg
その後は症状でず・・・。

役目が終わってグッタリ。
1512130206012.jpg
テツさんに隠し撮り?されてましたw

時間の都合でアンカーはヒデジさん。
1512130274013.jpg
最終枠はトラブルもなく、無事にチェッカーを受けられました。

結果はめばるクラス7位。
途中でキャブOHとかあったからラップ数が延びませんでした。
ですがまぁ、チーム全員タイムもイマイチでしたからこんなもんかな?w

参加賞の抽選で、我がチームは袋ラーメンをゲット!
1512130300014.jpg
ゼウスを含め、5食ずつ分けました。

恒例のじゃんけん大会、チームから2名がここまで残り・・・
1512130305015.jpg
2人共撃沈しましたww

1512130333016.jpg1512130338017.jpg
レースが終わってゼウスは空き地でキャスティング練習、そして海で実践練習。

帰りは東尾道の新し目なラーメン屋に寄りました。
1512130339018.jpg
コチラのレポは後日私の別ブログで。

レースに参加された選手の皆様・スタッフの皆様、そして生名管理人さん、お疲れ様でした。

当日の写真はコチラから

管理人みやっちの別ブログはコチラから↓
みやっちの走食記
みやっちの「Freeliving」ブログ版
ピグスープ公式ブログ
フリーリビング

広島ブログ
↑この記事のランキングに反映されます

Category: レース

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る